このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

人権セミナー「LGBTを理解するために」

最終更新日:2018年10月4日

終了しました

概要

わたしたちには、男性、女性、だけでなく、多様な性があります。
人間の性は非常に複雑で曖昧です。
どんな性であっても、対等・平等な存在です。
その一方、無意識に刷り込まれたジェンダーによって、
生きづらさを抱えている人たちもいます。
みんなが、ここちよい社会になるために、複雑な問題に目をそらさず、ともに考えましょう。

プログラム

日時

平成30年9月18日・9月25日
毎週火曜日(全2回)
午後1時30分から午後3時30分

会場 新潟市鳥屋野地区公民館
対象 どなたでも (2回受講できる方優先)先着20人
参加費 無料
お申込方法

8月6日から電話(025-285-2371)か、メールで(toyano.co@city.niigata.lg.jp)、名前、電話番号、保育希望の有無、保育児の名前、生年月日を記入して当館へ

お問い合わせ 新潟市鳥屋野地区公民館(電話:025-285-2371)
保育定員 4人(10か月以上の未就園児) 保育は9月7日締切り、応募多数の場合抽選
日 時 テ ― マ 内 容 講 師

第1回
9月18日
火曜日
午後1時30分
から午後3時30分

オトコとオンナだけですか?
ジェンダーとLGBT(えるじーびーてー)

無意識のうちにすりこまれた男らしさ、
女らしさに気付く。自分の周りの多様な性、性的指向の人に対する偏見に気付き、理解を深める。LGBTは身近な問題であることを知る。

NPO法人新潟フェミニストカウンセリングセンター
まど
理事
石橋 明子(いしばし あきこ)さん
人権擁護委員

第2回
9月25日火曜日
午後1時30分
から午後3時30分

性の多様性を理解するために
今、学校現場では

性の多様性めぐって実際の学校現場での教育はどうなっているのか。学校での課題、配慮や支援の方法をみんなで考える。

埼玉大学
基盤教育研究センター 
准教授
渡辺 大輔(わたなべ だいすけ)さん

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

鳥屋野地区公民館
〒950-0972 新潟市中央区新和3丁目3番1号
電話:025-285-2371 FAX:025-384-8190

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

鳥屋野地区公民館 催し物のご案内

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る