このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

共生セミナー ひとりひとりが宝もの!子どもの笑顔を守るために

最終更新日:2019年10月30日

参加者を募集します

概要

毎日のように育児放棄や虐待などの子どもが犠牲になるニュースが流れています。
しつけと虐待の違いとは何でしょう? 子どもも大人も大切にされ、笑顔で毎日を
過ごせる社会について、地域の皆さんがそれぞれの立場で考えてみませんか?

日時

令和元年11月28日から12月5日
全2回
毎週木曜 午前10時から正午

会場 新潟市曽野木地区公民館
対象

興味のある方どなたでも
(保育有り)保育対象は6か月から未就園児まで 

定員 先着40人
お申込方法

お電話で曽野木地区公民館(電話:025-280-6810)へ

お問い合わせ

新潟市曽野木地区公民館(電話:025-280-6810)

備考

対象月齢のお子さんを保育します(先着定員20名)
ご希望の方は、申込時保育希望とお伝えください

プログラム

開催日 テーマ・講師 内容
1

令和元年11月28日
(木曜)

幸せの連鎖へ
~子どもを守るのはだれか~

新潟県立大学人間生活学部 
子ども学科 教授 小池 由佳(こいけ ゆか) 様

(オリエンテーション)
育児放棄・虐待が子どもに与える影響や大人が抱える問題を学びます。なぜ、「しつけ」と言う名目で虐待事件のニュースが絶えないのか、子どもたちを守るために私たち大人にできることは何かをそれぞれの立ち場で考えます。
子どものしつけとは何か、虐待としつけとの違いを考えます。

2

令和元年12月5日
(木曜)

みんな笑顔で
~すべての人は宝もの~
ゲスト:コピーライター事務所「ザツダン」代表
横田 孝優(よこた たかまさ)さん

子どもたちとの日常での一コマや
子育てをとおして気づいたことなどを、パパ目線でお話をうかがいます。
人とのつながりをとおして、子どもも大人も大切にされ、笑顔で毎日を過ごせる社会について考えます。
多世代間でのグループワークで、コミュニケーションをとりながら話し合ってみましょう。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

曽野木地区公民館
〒950-1134 新潟市江南区天野2丁目7番2号
電話:025-280-6810 FAX:025-280-6862

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る