このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

子育てをまなび、楽しみ、つながろう (乳幼児期家庭教育学級)

最終更新日:2022年8月8日

8月25日まで参加者を募集しています

概要

子育て中の親同士が育児や生活に役立つこと、さまざまなことを楽しく学びながら、子育て仲間を作ることを目的しています。
毎月1回、親子で顔を合わせて集まって、楽しくつながりましょう。

日時

令和4年9月8日(木曜)、10月6日(木曜)、11月10日(木曜)、12月8日(木曜)
毎月1回開催 午前10時から正午 
全4回

会場 白根地区公民館(白根学習館内)
対象

乳幼児の保護者12人(応募多数の場合は、全4回参加できる人を優先の上、抽選)

保育について

生後10か月以上の未就園児をお預かりできます。
定員 8人 (応募多数の場合は抽選)
ご希望の方は、申込み時に保育希望とお伝えください。

参加費 500円(第4回目の材料費として)
お申込方法

下記のいずれかの方法でお申し込みください。
(1)「かんたん申し込み」による申し込み
・パソコンをご利用の方は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
・スマートフォンをご利用の方は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
(2)電話による申込み
白根学習館:025-372-5533 (受付時間:午前9時から午後9時)
申込締切 8月25日(木曜)

注意事項とお願い

・新型コロナウイルスの感染の拡大状況によっては、急遽、内容を変更・中止する場合があります。
・当日、発熱や咳など風邪症状のある方は参加できません。
・マスクの着用をお願いします。
・「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」等が適用された他市町村との往来があった方は、往来後1週間は健康観察期間とし、その間の講座への出席については慎重にご検討ください。

お問い合わせ 新潟市白根地区公民館(電話:025-372-5533、白根学習館内)
備考

応募のかた全員に抽選結果をお知らせします。
9月1日になっても連絡がない場合は、お手数ですがお電話にてお問合せください。

プログラム

実施日 テーマ・講師 内容
1

令和4年9月8日
(木曜)

鷲尾さんに子育てのアレコレ聞いちゃおう
ヒプノセラピスト・助産師
鷲尾 智恵子(わしお ちえこ) さん

子育てにはさまざまな悩みがつきものです。一人で悩まないで、みんなで一緒に話してみませんか?

2

令和4年10月6日
(木曜)

子どものあそび~非認知能力って?~
新潟青陵幼稚園 副園長
小嶋(こじま) かおり さん

子どもとどんな風に遊べばよいの?と悩んでいる方が多いようですが、話題の「非認知能力」とあそびの関係を学びます。

3

令和4年11月10日
(木曜)

少し先の私の未来を考えよう
子育て応援ファシリテーター
今井(いまい) 麻奈美(まなみ) さん

少し先の私自身のことを考えてみます。子育ても大事だけど、私のことを大切にすることも大事です。
4

令和4年12月8日
(木曜)

家族の思い出 フォトフレームを作ろう
スクラップブッキング講師
平野(ひらの) (かおる) さん

思い出の写真でフォトフレームを作ります。
子どもと離れてじっくりモノづくりを楽しみましょう。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

白根地区公民館
〒950-1477 新潟市南区田中383番地 白根学習館内
電話:025-372-5533 FAX:025-372-5513

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る