このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

支え合いの地域をつくる「茶の間の学校」

最終更新日:2019年11月18日

終了しました

概要

子どもから高齢者まで、障がいの有無にかかわらず、誰もが気軽に集まることができる居場所。
それが「地域の茶の間」です。
この講座は、「地域の茶の間」を立ち上げたい!参加したい!と思っている方への講座です。
もちろん、現在、地域の茶の間に関わっているが、もう少し詳しく学びたい方も対象です。
支え合いの地域をみんなで作りましょう。

日時

第1回目:令和元年11月7日(木曜) 午前9時30分から午後4時30分
第2回目:令和元年11月15日(金曜) 午前9時30分から午後4時

会場

第1回目:白根学習館 ルーム1・2
第2回目:実家の茶の間・紫竹 (東区紫竹4-21-62) 現地実習 
 ※現地実習へは白根学習館からバスで向かいます。

対象 成人(両日とも出席可能な方)
定員 先着40名
参加費

1、000円(資料代)
(他に第2回目の実習日:実家の茶の間・紫竹 利用料300円、昼食代300円必要)

お申し込み方法

白根学習館(電話:025-372-5533 Fax:025-372-5513 メール:shirone.co@city.niigata.lg.jp)へ
申し込み期間:令和元年9月2日(月曜)から10月24日(木曜)
・メールの場合は、件名「茶の間の学校申込み」とし、氏名(ふりがな)、住所、電話番号をお知らせください。
・定員に達し次第、締め切りとなります。

お問い合わせ

新潟市白根地区公民館(白根学習館内)
電話:025-372-5533

プログラム

日時 内容 講師
1

令和元年11月7日(木曜)
午前9時30分から午後4時30分
会場:白根学習館

地域の茶の間の意義
地域包括ケアについて
公民館が地域で果たす役割について
支え合いのしくみづくりについて
茶の間のつくり方
~具体的な茶の間のつくり方を学ぶ~

地域の茶の間創設者 河田 桂(かわだ けいこ)子さん
市政策調整監 
地域包括ケア推進課課長
白根地区公民館館長
第1層支え合いのしくみづくり推進員
実家の茶の間 当番のみなさん 

2

令和元年11月15日(金曜)
午前9時30分から午後4時
会場:実家の茶の間・紫竹

茶の間のつくり方 「実習」
 ~実際に「茶の間」に行ってみよう~ 
茶の間のつくり方
 ~地域の茶の間を続けていくには~

地域の茶の間 創設者 河田 桂子(かわだ けいこ)さん
実家の茶の間 当番のみなさん

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

白根地区公民館
〒950-1477 新潟市南区田中383番地 白根学習館内
電話:025-372-5533 FAX:025-372-5513

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る