このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

探求!中ノ口川(南区地域学)

最終更新日:2019年1月23日

終了しました

概要

人々の暮らしを支え、歴史と文化を育んできた「中ノ口川」をテーマに初心者の方を対象に、その魅力について探求する講座です。
また過去にあった水害や、今後の水防に対しての理解と対策、川と水辺の保全や利活用など将来についても考えるきっかけになるでしょう。

日時

平成30年11月28日から12月19日 全4回
 毎週水曜日 午後2時から午後4時
・平成30年11月28日は午前9時から午後4時

会場

白根学習館ほか(第1回目は現地研修)

対象 どなたでも
定員 先着40名
参加費

無料(ただし、第1回目は昼食代、しろねまち歩きガイド料として1,500円を当日徴収します)
また第3回目の「川の恵み交流会」は希望者のみの参加で、別途1,000円を当日徴収

お申し込み方法

白根学習館(電話:025-372-5533 Fax:025-372-5513 メール:shirone.co@city.niigata.lg.jp)へ
申し込み期間:平成30年11月4日(日曜)から11月25日(日曜)
・メールの場合は氏名(ふりがな)、住所、電話番号をお知らせください。
・定員に達し次第、締め切りとなります。

お問い合わせ

新潟市白根地区公民館(白根学習館内)
電話:025-372-5533

プログラム

日時 内容 講師
1

平成30年11月28日(水曜)
午前9時から午後4時
・午前9時に白根学習館前へ 
 集合出発

現地見学「過去の水害、未来の水防を考えよう」
1.蒲原大堰と中ノ口水門
2.三条市水防学習館(昼食)
3.南区の上流「新飯田橋付近」 
4.水との闘いの記憶をたどる白根まち歩き
・雨天決行

1.信濃川下流河川事務所職員
2.三条市水防学習館職員
3.有願会まちあるき係
4.しろね大凧タウンガイド

2

平成30年12月5日(水曜)
午後2時から午後4時

講演「日本人の伝統的自然観と水辺のあり方」
大型紙芝居「洪水を止めた米439俵」 実話
出演:白根小学校 かみしばいクラブ指導者

新潟大学名誉教授
河川学者
大熊(おおくま) (たかし) さん

3

平成30年12月12日(水曜)
午後2時から午後4時

3人の白根モンによる「中ノ口川よもやま話」
白根大凧、昭和36年の集中豪雨、川と生活の関わり、ル レクチェ、川ガニ漁など、楽しいお話
・川の恵み交流会(参加希望制で午後4時から午後5 
 時まで行います)

白根大凧と歴史の館
館長 関根(せきね) 省三(しょうぞう) さん
新潟県果樹振興協会
初代西洋ナシ部会長
小池(こいけ) 美与志(みよし) さん
信濃川漁業協同組合白根支部長
五十嵐(いからし) (ただし) さん

4

平成30年12月19日(水曜)
午後2時から午後4時

川と水辺の状況、保全や利活用を考えよう
1.「中ノ口川の整備について」
2.「県の河川管理の状況と中ノ口川の水防体制につ 
 いて」
3.「次世代につなぐ里川 中ノ口川の魅力、私たちに 
 できること」

1.県治水課 
 田中(たなか) 太郎(たろう) さん
2.県治水課 
 小田(おだ) 徳貴(のりたか) さん
3.NPO法人 新潟水辺の会
 代表世話人
 相楽(さがら) (おさむ) さん

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

白根地区公民館
〒950-1477 新潟市南区田中383番地 白根学習館内
電話:025-372-5533 FAX:025-372-5513

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る