このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

今どきの?を知って不安解消!(小学生期家庭教育学級)

最終更新日:2021年10月12日

募集は終了しました

概要

小学生をもつ保護者を対象とした、連続講座です。
めまぐるしい時代の変化・情報過多の中で、親として子どもにどう対応していけばよいのか、一緒に学び考えてみませんか。

日時

令和3年11月5日(金曜)から12月3日(金曜) 毎週金曜日 全5回
午前10時00分から正午

会場

中地区公民館 4階 講座室

対象 小学1年生から6年生の保護者 先着20人
保育 6ヶ月以上の未就園児 先着4人
参加費 無料
お申込方法

令和3年10月4日(月曜)午前9時から中地区公民館へ電話または窓口でお申し込みください。
注記:定員になり次第締め切ります。

お問い合わせ 中地区公民館(電話:025-250-2910)
備考

・新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、急きょ中止させていただくことがあります。
・発熱や風邪の症状(咳や倦怠感など)ある方は、参加をご遠慮ください。
・館内では、マスクの着用(保護者のみ)をお願いします。

プログラム

開催日 テーマ・講師 内容
1

令和3年11月5日(金曜)

お金の基本とおこづかい~子どもに伝えるお金のはなし~
新潟県金融広報委員会
金融広報アドバイザー 山崎(やまざき) 有希(ゆき)さん

キャシュレス化の中、「見えないお金」の知識や価値観を家庭で子どもに学ばせるポイントを学ぶ。危険から子どもを守り、金銭感覚を身に着けるための知識を得る。

2 令和3年11月12日(金曜)

学校では教えない性教育~家庭でできる性のはなし~
新潟青陵大学看護学部看護学科
助教 久保田(くぼた) 美雪(みゆき)さん

親自身が正しい知識を得て、子どもに性の大切さを伝えられるように学ぶ。
3

令和3年11月19日(金曜)

もしも子どもから学校に行きたくないと言われたら、その時 親はど~する?
アーベルの会(新潟県子どもの発達と不登校を考える会)

代表 西(にし) 伸之(のぶゆき)さん

子どもの声を聴き(寄り添う・共感)、子どもの育ちが保障される安心・安全な家庭にするには親としてどうしたらよいのかを学ぶ。親と子の信頼関係づくり(安心と大丈夫のタネをまく)。

4 令和3年11月26日(金曜)

自分を見つめる☆〇時間~ココロが軽くなるしあわせのサプリメント~
青陵大学大学院臨床心理学研究科
教授 碓井(うすい) 真史(まふみ)さん

親自身、自分のことを見つめる時間をもち、自分と向き合い、自分を大切にすることで、心にゆとりが持て、家族や子どもに向き合うことができることに気づく。心にゆとりが持って子育てできるように、不安や悩みを解消するヒントを学ぶ。

5

令和3年12月3日(金曜)

みんなで語ろう!親としてできること~きらきらカフェでココロのデトックス~
企画委員・公民館職員

講座で学んだことを振り返り、親としてできることを考える。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中地区公民館
〒950-0056 新潟市東区古川町4番12号
電話:025-250-2910 FAX:025-274-1202

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中地区公民館 催し物のご案内

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る