このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

発達障がい・自分らしい生き方を考える

更新日:2017年10月30日

事業は終了しました

概要

条例についての理解や、疑似体験でのイメージ、
就労についての情報や、心のコントロールなど……。
様々な視点から、“自分らしい生き方”を考えてみませんか。

日時

平成29年9月10日から10月15日
全4回
毎回日曜 午後2時から4時

会場 新潟市岩室地区公民館
対象 発達障がいに関心のある方 どなたでも
定員

各回20人(先着順)

参加費

なし
お申込方法

新潟市岩室地区公民館(電話:0256-72-8844)へ

お問い合わせ

岩室地区公民館(電話:0256-72-8844)

備考

全4回の中から参加したい回だけを選んで参加できます。
(※ただし、全部参加できる方を優先します。)

プログラム

開催日 テーマ・講師 内容
1

平成29年
9月10日
(日曜)

誰もが生き生きとして暮せる社会を目指して
新潟市障がい者基幹相談支援センター西 主任相談員 竹田 一光(たけだ かずみつ) さん
発達障がい当事者 桝屋 清則(ますや きよのり) さん

あなたは知っていますか「新潟市障がいのある人もない人も共に生きるまちづくり条例」
なぜこの条例が必要なのか?元条例検討委員の2人にお聞きします

2

平成29年
9月24日
(日曜)

大切なのは寄り添う気持ち
新潟市発達障がい支援センターJOIN センター長 宮島 祐司(みやじま ゆうじ) さん

見ている世界が違う・認知の仕方が違う
講義と疑似体験によって発達障がいをイメージしながら、望ましいかかわり方を考える

3

平成29年
10月1日
(日曜)

働きたい人へ耳寄りな情報
障害者就業・生活支援センターらいふあっぷ センター長 酒井 悟史(さかい さとし) さん
新潟年金研究会 木村 美和子(きむら みわこ) さん

「就労準備支援」や「就労移行支援」の活用について
障害年金に該当する状態の“受給条件・請求方法”について

4

平成29年
10月15日
(日曜)

イライラと上手に付き合い よりよい人間関係を築くために
アンガーマネージメントファシリテーター・子育て支援ファシリテーター 立松 有美(たてまつ ゆみ) さん

アンガーマネージメントについて学ぶ

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

岩室地区公民館
〒953-0132 新潟市西蒲区西中860番地
電話:0256-72-8844 FAX:0256-82-4484

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る