このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 区について
  • 区役所・業務案内
  • くらしに関する情報
  • 施設案内
  • 区の取り組み
サイトメニューここまで


本文ここから

北区文化会館のインターネット予約ができるようになります

更新日:2017年3月24日

平成29年6月1日(木曜)から、北区文化会館の空き状況照会と利用許可申請がインターネットからできるようになります。

  • ホール・練習室1は空き状況照会のみです。
  • 練習室2~4・会議室・保育室は空き状況照会とインターネット予約ができます。

1 新潟市公共施設予約システムの利用者登録

インターネット予約を利用するためには、事前に新潟市公共施設予約システムの利用者登録が必要です。

  • 登録受付開始日 平成29年4月1日(土曜)
  • 登録受付窓口 北区文化会館 窓口
  • 登録方法

(1)利用者登録申請書に必要事項を記入し、窓口に提出してください。
(免許証や保険証などの本人確認ができるものが必要です。)
(2) 登録手続き完了後、利用者登録番号(ID)、有効期限をお知らせする登録通知書を
 北区文化会館の窓口でお渡しします。

※登録手続きは通常1週間程度で完了しますが、状況により時間がかかる場合があります。

2 利用者登録の注意事項

  • パスワードについて

  当初はIDの下4桁で設定します。新潟市公共施設予約システムにログインした際に、変更をお願いします。
※4字以上16字以下の数字又は英字

  • 未成年者の利用者登録について

  登録申請者が未成年の場合、利用者登録申請書の「連絡者」欄に保護者の氏名及び連絡先を必ず記載してください。

  • 利用者登録の有効期限

有効期限は「登録日の翌々年度の年度末まで」です。
(例)平成29年4月1日登録 → 平成32年3月31日まで

3 インターネット予約の流れ

手順1 予約申し込み
新潟市公共施設予約システムにログインし、利用したい日時・部屋の予約を申し込みます。
※利用月の12カ月前の月の開館日初日から
 
手順2 予約完了通知
施設側で予約内容を審査した後、予約を確定します。
利用開始前にシステムにログインし、施設からの予約完了通知をご確認ください。
 ↓
手順3 利用日当日
利用開始までに使用料を支払い、施設をご利用ください。
 

インターネット予約の対象となる部屋と申込受付期間
予約可能な部屋名 受付開始日時 受付終了日時

練習室2
練習室3
練習室4
会議室
保育室

利用開始日の12カ月前の日が
属する月の初日の午前9時
(休館日に当たる場合はその翌日)

利用開始日の3日前の
午後5時まで

※ホール・練室室1・備品・附属設備についてはインターネット予約の対象外です。北区文化会館へ直接、問い合わせくてださい。

予約の取り消しについて

  • 新潟市公共施設予約システムで予約した施設を取り消す場合は、各自でシステムから取り消してください。
  • 予約の変更はできません、予約を取り消した上、再度申し込んでください。
  • 利用開始日前14日を過ぎてから予約の取り消しをした場合は、新潟市北区文化会館条例施行規則により使用料を納付していただくこととなります。

問い合わせ

新潟市北区文化会館(外部リンク)
〒950-3323 新潟市北区東栄町1丁目1番5号
電話:025-388-6900
ファックス:025-388-6901
電子メール:kitaku.bunkakaikan@shiteikanrisha.jp

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。窓口・電話・FAX・メールでの申し込みについてはこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。施設案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

北区役所 地域課
〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地
電話:025-387-1175 FAX:025-388-1222

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

自然・活力・安らぎにあふれるまち -住みたくなるまち 北区-

〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地 新潟市北区役所 電話 025-387-1000(代表)
Copyright(C) Kita Ward, Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る