このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

海辺の森

最終更新日:2020年7月8日

海辺の森キャンプ場 通常営業(一部緩和)のお知らせ

 当キャンプ場は6月19日(金曜)から宿泊利用を再開していますが、新型コロナウイルス感染防止対策におけるイベント開催等の段階的な緩和を踏まえて、7月10日(金曜)からお客様の人数制限等を緩和します。
 なお、引き続き、感染防止対策として次のように一部のサービスを休止致しますので、皆様のご理解とご協力をお願い致します。
 また、くわしくは、直接キャンプ場にお問い合わせをお願い致します。

1.お客様の人数制限について
・一区画を原則6人までとすることについては、変更ありませんが、区画距離を5mから3mに緩和して、貸出し区画を増設します。
現在の19サイトから、7月10日以降は26サイトに増設します。
・常設テントサイトの「あかしあ」は、デッキのみ貸し出します。

2.次のサービス、施設を休止します。
・寝具(テント、シーツ)・調理器具(大鍋、飯ごう、調理セット、鉄板セット、シュラフ、バーベキューコンロ、卓上シチリン)の貸し出し 
・シャワー室 ・洗濯機 
※冷蔵庫は7月10日以降に利用可能となります。

3.ごみについて
・ 衛生管理上の理由によりごみはすべてお持ち帰り頂きます。

【新型コロナウイルス感染症等への対策について】
1.スタッフの取り組み
・手洗い、消毒の実施。
・マスク着用により飛沫拡散防止
・所定場所に消毒液の設置また、定期的に不特定多数が接触する場所の消毒
・受付・売店(人と人が対面する箇所)に飛沫飛散防止対策板等を設置

2.お客様へのお願い
・なるべくマスクを着用するようお願い致します。
・感染症対策チェックリストの記入と提出をお願い致します。
・手洗い・消毒を行っていただきます様お願い致します。
・常に人との距離を2メートル以上取るようにご利用をお願い致します。

※今後の状況により営業の内容を変更しますので、詳しくは当ページなどでお知らせします。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

「新潟市海辺の森」は、自然と調和した憩いの森。
日本海を望む、緑豊かな松林の中にあります。
キャンプを楽しんだり、トリムコースで遊んだり、ハマナス園を散策したり。
自然がくれる心地よさを、たっぷりと堪能できるスポットです。

キャンプ場
子どもたちにとって、家族や仲間との共同作業を楽しみながら、自然を満喫できるのがキャンプ生活の魅力。恵まれた環境を、存分に活用してください。テントサイトは大・小・デッキ式の3タイプ。用具の貸し出しも行っています。

松林にかこまれた 海辺の森キャンプ場

林間キャンプ場には、テントサイトが32か所、炊事棟が4棟、雨天のときの団体活動などのための「つどいのホール」と「談話室」を備えた「つどい棟」。「管理棟」にはシャワー室、障がい者用トイレもあります。キャンプの必需品である、テント・鍋や飯ごうなども準備(有料)されています。キャンプ場近くには島見浜海水浴場があり、7月・8月の日曜・祝日の早朝には、キャンプ場利用者は地引き網体験ができます。

利用案内

開設期間:4月29日から10月31日

海辺の森キャンプ場へのアクセス

所在地 新潟市北区島見町1-135
期間 キャンプ場は4月29日から10月31日
交通 車で日本海東北自動車道豊栄新潟東港インターから、新新バイパス競馬場インター経由で約20分
駐車場 約400台(島見浜海水浴場)
問い合わせ 海辺の森キャンプ場(電話:025-255-3810)
新潟市北区役所産業振興課(電話:025-387-1145)
地図 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。地理情報システム(外部サイト)による

キャンプ場の申込先

海辺の森キャンプ場 電話:025-255-3810
新潟市北区島見町1-135

関連リンク

海辺の森指定管理者の特定非営利活動法人森の会のホームページへ移動します。

このページの作成担当

北区役所 産業振興課
〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地
電話:025-387-1365 FAX:025-384-6712

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video
〒950-3393 新潟市北区葛塚3197番地 電話 025-387-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る