このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

銃砲刀剣類登録審査会の日程について

更新日:2017年2月17日

未登録の銃砲刀剣類を所持される皆さまへ

 古式銃砲及び刀剣類については、「銃砲刀剣類所持等取締法」により、一般的にその所持は禁止されていますが、特に美術品もしくは骨とう品として価値ある火縄式銃砲等の古式銃砲及び刀剣類については同法第14条の規定に基づき、住所地の都道府県教育委員会に登録することにより所持できることになっています。
 新潟県教育委員会では、未登録の銃砲刀剣類を登録審査員の審査に基づき登録するために、「銃砲刀剣類登録審査会」を開催しています。

 平成29年度は以下の予定で開催します。

平成29年度 銃砲刀剣類登録審査会日程

注意

以下の日程及び会場については、都合により変更される場合があります。

会場と開催日

1 新潟会場

会場

新潟県庁行政庁舎または職員会館(新潟市中央区新光町4番地1)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県庁交通案内

開催日

平成29年4月20日(木曜日)、8月17日(木曜日)、11月16日(木曜日)、平成30年1月18日(木曜日)

2 長岡会場

会場

長岡地域振興局会議室棟2階・大会議室(長岡市沖田2丁目173番地2)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。長岡地域振興局への交通案内

開催日

平成29年6月15日(木曜日)、10月19日(木曜日)、平成30年2月15日(木曜日)

開催時間

いずれも午前10時から午後2時30分まで (正午から午後1時までは休憩時間)

登録審査会に持参するもの

  • 登録を受けようとする銃砲刀剣類
  • 銃砲刀剣類発見届(所轄警察署が発行したもの)
  • 審査手数料(1件につき6,300円を新潟県収入証紙で納入する)
  • 印鑑は不要です

この審査会では何を審査するのか?

Q:登録審査会ではテレビの「お宝鑑定」みたいに値段をつけてくれるのですか?

A:登録審査会では、法令に基づいて、その古式銃刀剣類が登録できるかどうかの審査のみを行います。したがって、そのものの骨とう品的な値打ちや値段についてお答えするものではありません。

 古式銃砲には、「火縄式銃砲」「火打ち石式銃砲」「管打ち式銃砲」「紙薬包式銃砲」「ピン打ち銃砲」があります。
 このうち、登録の対象となるのは「日本製銃砲にあってはおおむね慶応3(1867)年以前に製造されたもの、外国製銃砲にあってはおおむね同年以前に我が国に伝来されたもの」であって、さらに次のいずれかに該当するかどうかが審査会で審査されます。

  1. 形状、象嵌(しょうがん)、彫り物等に美しさが認められるもの又は資料として価値があるもの
  2. 前号に掲げるものに準ずる鉄砲で骨董品として価値あるもの(ただし明治19(1886)年以降実用に供せられている実包を使用できるものを除く)

 刀剣類とは「刃渡り15センチメートル以上の刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち」等のことを指します。
 このうち、登録の対象となるのは日本刀のみであって、さらに次のいずれかに該当するかどうかが審査会で審査されます。

  1. 姿、鍛え、刃文、彫り物等に美しさが認められ、又は各派の伝統的特色が明らかに示されているもの
  2. 銘文が資料として価値あるもの
  3. 由緒、伝来が史料的価値のあるもの
  4. 前号に掲げるものに準ずる刀剣類で、その外装が工芸品として価値あるもの

 審査の結果、美術的に価値があると認められた銃砲刀剣類が登録され、「登録証」が発行されるとその所持が許されます。また、研ぎなどの手入れや、財産として譲渡や相続することもできます。

銃砲刀剣類を発見した場合

  1. すみやかに最寄りの警察署に届け出てください。
  2. 登録を希望される場合は、1.の届出後、上記の審査会においでください。
  3. 登録審査会に代理の方が来られる場合には、委任状が必要です。
  4. 登録審査会では、法令に定める鑑定の基準(美術的価値、伝統的な製作方法等)によって審査します。その結果、登録対象となったものについては登録証が交付され、所持することができます。ただし、登録対象外となったものについては登録証は交付されず、所持することはできません(この場合も審査手数料は返還されません)。
  5. 移動の際には、危険のないよう梱包し、盗難等に御注意ください。

以上についての問い合わせ先

新潟県教育庁文化行政課

〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話:025-280-5619 FAX:025-280-5764 電子メールアドレス:ngt500080@pref.niigata.lg.jp

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟県教育庁文化行政課

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。銃砲刀剣類の所有について(新潟県ホームページ)

歴史・文化財

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る