このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

国史跡古津八幡山遺跡 企画展・講演会のご案内

更新日:2017年5月18日

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館では4回の企画展と企画展に関連した講演会・講座を予定しています。

古津八幡山遺跡全景写真

企画展1「古津八幡山遺跡の保存・活用」

展示の概要


空から見た古津八幡山遺跡の全景写真

平成28年度に策定された「国史跡古津八幡山遺跡保存活用計画」では、今後の保存のあり方や各種活用計画が示されました。
本企画展では、それら諸計画について展示・解説をするとともに、古津八幡山遺跡の未来像について考えます。

会期

平成29年4月4日(火曜)から平成29年6月25日(日曜)
会期中の休館日 4月10日・17日・24日、 5月8日・15日・22日、 6月5日・12日・19日

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

実地講座「国史跡古津八幡山遺跡と今後の保存活用計画について」

古津八幡山遺跡の発掘調査や復元整備を担当している文化財センター学芸員が、古津八幡山遺跡の調査成果や今後の保存活用計画について、実際に現地を歩いてまわりながら解説します。

日時

平成29年4月23日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館、古津八幡山遺跡

申込み

不要、当日直接、弥生の丘展示館へお越しください

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展2「(てつ) 北陸における鉄生産」

展示の概要


居村E遺跡全景写真

新潟市秋葉区金津丘陵製鉄遺跡群では、奈良時代・平安時代の製鉄炉や木炭窯が多数発見されています。
県内では新発田市・柏崎市などでも大規模な製鉄遺跡群が調査され、これらの製鉄遺跡群の操業は鎌倉時代になると終息することがわかってきました。
本企画展では金津丘陵製鉄遺跡群の消長と、北陸を主とした日本海沿岸における古代・中世の鉄生産について解明します。

会期

平成29年7月4日(火曜)から平成29年9月24日(日曜)
会期中の休館日 7月10日・18日・24日、8月7日・21日・28日、9月4日・11日・19日

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

展示解説

平成29年7月23日(日曜)午後1時半から午後3時半 申し込み不要

講演会「我が国における製鉄遺跡の展開」

長年、製鉄遺跡について研究し、国内で最も詳しい穴澤義功氏に古代・中世の鉄生産についてご講演頂きます。

講師 

穴澤 義功氏(たたら研究会委員)

日時

平成29年8月20日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター研修室(展示会場とは異なります)

定員

80人(申し込み不要、当日直接、新潟市文化財センターへお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展3「古墳時代のお祭り 石に籠めた祈り」

展示の概要


西蒲区御井戸遺跡出土の石製模造品の写真

古津八幡山古墳が造られた時代に石で作られたお祭りの道具(石製模造品)が日本列島に突如現れ、消えていきます。新潟県でもこの石製模造品が見つかっています。
県内の石製模造品から、古墳時代のお祭りを眺め、そこに籠められた祈りを紐解きます。

会期

平成29年10月3日(火曜)から平成29年12月17日(日曜)
会期中の休館日 10月10日・16日・23日、11月6日・13日・20日・24日・27日、12月4日・11日

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

展示解説

平成28年10月9日(月曜・体育の日)午後1時半から午後3時半 申し込み不要

講座「石で作られた祭りのための道具(祭祀具) 不可解な石製模造品」

講師

金田 拓也(新潟市文化財センター)

日時

平成29年10月22日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター研修室(展示会場とは異なります)

定員

80人(申し込み不要、当日直接、新潟市文化財センターへお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

企画展4「邪馬台国の時代5 柏崎・上越・頸城の世界」

展示の概要


妙高市斐太遺跡出土土器の写真(妙高市教育委員会提供)

柏崎・上越・頸城では新潟県内で最も早く農耕文化が定着した地域です。発掘調査された遺構や遺物を見ると、弥生時代中期末から後期にかけて画期があったと推測されます。これらの地域の弥生時代中期末から古墳時代初頭の遺跡について紹介します。

会期

平成30年1月4日(木曜)から平成30年3月25日(日曜)
会期中の休館日 1月9日・15日・22日・29日、2月5日・13日・19日・26日、3月12日・19日・22日

観覧料

無料

会場

史跡古津八幡山 弥生の丘展示館

展示解説

平成30年2月4日(日曜日)午後1時半から午後3時半 申し込み不要

講演会「(仮)石器から見た弥生時代の稲作農耕文化」

講師

澤田 敦氏(公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団)

日時

平成30年2月11日(日曜) 午後1時半から午後3時半

会場

新潟市文化財センター研修室(展示会場とは異なります)

定員

80人(申し込み不要、当日直接、新潟市文化財センターへお越しください)

※企画展・講演会に関する問い合わせは新潟市文化財センター(電話:025-378-0480)までお願いいたします。

このページの作成担当

文化財センター(まいぶんポート)
〒950-1122 新潟市西区木場2748番1
電話:025-378-0480 FAX:025-378-0484

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る