このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

千の風サミット

最終更新日:2016年9月2日

「千の風になって」をモチーフに、新たなまちづくり、まちおこしに取り組んでいる都市(北海道七飯町・愛媛県西条市)との連携を図っています。
「千の風サミット」を、第1回は新潟市、第2回は北海道七飯町、第3回は愛媛県西条市で開催しました。

第1回千の風サミット

会期

平成21年2月13日(金曜)午後3時30分から

会場

ホテルイタリア軒(新潟市中央区西堀通8)

サミット概要

第1部では、参加都市の紹介と千の風プロジェクトのこれまでの取り組みがプレゼンテーション形式で発表されました。第2部では、千の風プロジェクトのこれからの取り組みについて各都市が発表。
その後、3都市の連携について意見交換を行い、その結果を「第1回千の風サミット新潟宣言 」としてまとめました。

第1回 千の風サミット 新潟宣言

名曲「千の風になって」―その誕生の物語は、新井満さんのふるさとである新潟市から始まりました。そして、北海道は七飯町の美しい大自然の中で日本語詩とメロディーが生まれ、四国愛媛県は西条市出身の秋川雅史さんの熱唱で大きく育ち、日本中、いや世界中の人々の心に大きな感動を与え続けています。
「千の風になって」に深いゆかりを持つ新潟市と七飯町、そして西条市の各代表者は、本日初めて新潟の地に集い、第1回千の風サミットを開催し、名曲が取り持つご縁の不思議に感謝しながら、歌による街づくり(千の風プロジェクト)について大いに語り合い、絆を深めました。その結果、私たちは、これからもそれぞれの都市にふさわしい個性的な千の風プロジェクトを推進していくことによって、この歌の心である“命の尊さと愛の素晴らしさ”を広く日本と世界の人々に伝えていくことを確認し、ここに宣言することにいたしました。

  1. 都市の個性を生かした千の風プロジェクトを推進します
  2. 互いの千の風プロジェクトを応援し、連携を深めていきます
  3. 千の風サミットを継続して開催します
  4. 新井満さんからも応援いただきます

2009年(平成21年)2月13日
第1回 千の風サミット参加都市
七飯町長 中宮 安一
西条市長 伊藤 宏太郎
新潟市長 篠田 昭

サミット フォトギャラリー

会場の様子

新井 満さんの写真

千の風サミット記者会見

千の風交流会

「千の風サミット」・「千の風記者会見」の終了後、同ホテルで「千の風交流会」が開催されました。サミットの関係者と音楽祭の出席者など110人余りが一同に集い、交流を深めました。

千の風ゆかりの都市

北海道 七飯町

名曲「千の風になって」誕生の地・大沼国定公園
名曲「千の風になって」誕生の地・大沼国定公園 北海道亀田郡七飯町にある大沼国定公園は、とても素晴らしい自然景観と静けさに包まれたところです。そして、この静かな美しい大自然の中に新井満さんの別荘が在り、そこで名曲「千の風になって」が誕生しました。 七飯町では、名曲「千の風になって」誕生の地として、イメージアップと観光客誘致を目指し、2007年12月に官民が一体となって「千の風プロジェクト」 を発足させました。活動の第1弾として、2008年4月に大沼国定公園内に誕生の地にふさわしい、再生と風が吹きわたる姿をイメージしたモニュメントを設置しました。また、モニュメントの除幕式にあわせ、「新井満さんの講演会とシンポジウムの夕べ」を開催するなど、七飯町の魅力を全国に発信しようと積極的に取り組んでいます。

いま、名曲「千の風になって」誕生の地・七飯町には、命の再生を感じさせてくれる爽やかな風が吹きわたっています。

愛媛県 西条市

「千の風」を育てたまち・西条市
愛媛県西条市は、「千の風になって」を大ブレークさせた秋川雅史さんの出身地です。
西条市では、2007年8月に地元商店街の若手有志が中心となり、「千の風になって」のまちづくり実行委員会を発足させ、全国に「千の風」のまち西条をアピールする様々な活動に取り組んでいます。 今まで実施した事業は、2007年12月「千の風になって競演フェスティバル」、 2008年4月「古希を歌う・秋川暢宏テノールコンサート」、宏さんは秋川雅史さんの父親があります。 また、「千の風になって」のまちづくりアイデアを募集し、2008年10月に新井満さんをお迎えして開催した「講演と朗読と歌唱の夕べ」で紹介するなど、「千の風」を「千の力!」にしてのまちおこしに熱が入っています。

いま、「千の風」を育てたまち・西条市には、生きる勇気と希望を与えてくれる光かがやく風が吹きわたっています

新潟県 新潟市

千の風のふるさと・新潟市
新潟市は、多くの日本人の心をとらえた「千の風になって」の作曲者・新井満さんのふるさとです。この曲は、新井さんが、新潟市に住む大切な知人の悲しい出来事を悼んで作った作品です。 新潟市は、広く市民に明るい希望と活力を与えていただき、新潟市の名を高めていただいたことに対し、2008年1月に新井さんへ「にいがた市感謝大賞」を贈呈しました。その時のご挨拶で、新井さんから『千の風は新潟市出身の新井満が、新潟市に暮らす友達の悲しみを癒すために詩を訳し、作曲したものです。その意味で「千の風になって」のふるさとは新潟市です』というお話があり、「千の風になって」を、新潟市のまちおこしに活用させていただくことの快諾をいただきました。 これからも、名曲「千の風になって」誕生の地・七飯町、「千の風」を育てたまち・西条市と連携し、プロジェクト「千の風のふるさと・新潟市」に取り組んでいきます。

いま、千の風のふるさと・新潟市には、人を思いやる優しい心を伝えてくれるあたたかな風が吹きわたっています

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 文化政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(分館2階)
電話:025-226-2560 FAX:025-226-0066

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る