このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

令和元年度 歴史文化課歴史資料整備担当 会計年度任用職員(パートタイム:資料調査専門員A・B・C)を募集します

最終更新日:2019年12月24日

令和2年4月1日に採用する歴史文化課歴史資料整備担当の会計年度任用職員(資料調査専門員・パートタイム)を募集します。

申込受付期間

令和元年12月25日(水曜)から令和2年1月20日(月曜)まで

  • 郵送の場合は締め切り日までに必着。
  • 直接持参する場合は、土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く日の午前8時30分から午後5時30分まで。

採用予定人数・業務内容・勤務地等

職種

  • 資料調査専門員A
  • 資料調査専門員B
  • 資料調査専門員C

採用予定人数

  • 資料調査専門員A・B・Cから1名程度

主な業務内容

  1. 市史等の執筆、各種講座等の担当、歴史資料の調査・整理・保存、公文書の管理・評価選別、閲覧・資料公開、その他事務
  2. 資料調査専門員Aは、1のほか特に展示業務
  3. 資料調査専門員Bは、1の業務のうち、主に歴史資料の調査・整理・保存業務
  4. 資料調査専門員Cは、1の業務のうち、主に歴史資料の調査・整理・保存業務、及び、公文書の管理・評価・選別業務

    主な勤務地

  • 歴史文化課(令和2年5月まで新潟市役所白山浦庁舎1号棟1階。令和2年6月から江南区横越出張所)

受験資格

次のすべての要件を満たす人

  1. 大学又は大学院で日本史又はアーカイズブズ学を専攻した人で、学士以上の学位を取得した人(令和2年3月31日までに取得見込みの者を含む)
  2. 古文書解読能力を有する人

その上で、以下のA・B・Cのどれかの要件を満たす人
 A 学芸員資格を持つ者。(令和2年3月31日までに取得見込みを含む)
 B これまでの専門業務の実務経験が5年以上の者で、歴史資料調査、古文書整理・保存業務に十分実績のある者。
 C これまでの専門業務の実務経験が10年以上の者で、Bの歴史資料調査等の業務に精通していることを前提として、公文書業務、とりわけ「評価・選別」業務に十分実績のある者。

注意 ただし、次の各項のいずれかに該当する人は、受験できません。

  1. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者
  2. 新潟市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
  3. 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

日時・試験方法・試験会場及び合格者の発表

第1次選考

試験方法

書類審査(課題論述文試験を含む)

結果発表(予定)

令和2年1月31日(金曜)
受験者全員に結果を書面で通知します。

第2次選考

試験方法

筆記試験(60分)・個別面接試験

試験日

令和2年2月11日(火曜・祝日) 午後1時から
(受付:午後0時30分から午後0時50分まで)

試験会場

新潟市役所本館 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
当日は西玄関からお入りください。

結果発表(予定)

令和2年2月18日(火曜)
第2次選考受験者全員に結果を書面で通知します。

注意事項

  • 合格発表日は、状況により変更する場合があります。
  • 第2次選考の合格者のみ市ホームページに受験番号を掲載します。発表当日はシステムの都合上、掲載に多少時間がかかることがあります。
  • 電話による合否の照会には応じられません。

試験の内容及び合格者の決定方法

注意

試験は全て日本語で実施します。

第1次選考(書類審査:受付申込時に提出)

課題論述文試験

設定された課題に関する論述により、専門分野における知識、市史編さんや歴史資料に対する考え方など、業務に必要な技量を判定します。

  • 合計点数が高い人から順に5名程度を第1次選考合格者とし、第2次選考の対象とします。
  • 第2次選考についての詳細は、第1次選考結果の通知でお知らせします。
  • 課題論述文試験は、次の課題について1,800字以内にまとめてください。

課題:あなたは業務で『歴史資料だより』を執筆すると仮定します。試験案内の14ページに添付されている『新潟市歴史資料だより』を参考(イメージ)に、規定の要領にしたがって、任意の資料について「資料紹介」のコーナーを書いてください。

第2次選考

筆記試験

古文書の解読能力(近世・近代)及び業務遂行に必要な日本史・アーカイブズ学等の知識について、記述式の筆記試験を行います。

面接試験

人物について、個別面接による試験を行います。

合格から採用まで

  1. それぞれの試験において一定の基準に達しない場合は、他の成績に関わらず不合格となります。
  2. 最終合格者は、成績順に任用候補者名簿に登載されます。任用候補者名簿の有効期間は、名簿登載後原則1年です。

任用期間

  1. 令和2年4月1日から令和3年3月31日まで。
  2. 地方公務員法が適用されるため、すべて条件付での採用となり、原則として採用日から1か月間の試用期間を良好な成績で勤務した時に、初めて正式採用となります。(再度の任用を行った場合も同様)
  3. 任用期間中の勤務実績が良好な場合、非公募による再度の任用(翌年度も任用)を4回まで行う場合があります。
  4. 卒業見込みまたは学芸員の単位取得見込みで受験し、卒業できない、または学芸員資格に必要な単位を取得できなかった場合は、採用されません。

個人情報の取り扱い及び個人情報の開示について

  1. 受験に際して取得した個人情報は、採用事務以外には使用しません。また、提出した書類は、原則として返却しません。
  2. この試験の結果については、新潟市個人情報保護条例第16条第3項の規定に基づき、次のとおり口頭で開示を請求することができます。開示を希望する場合には、受験者本人が運転免許証、旅券、健康保険の被保険者証又はマイナンバーカードのいずれかを必ず持参のうえ、直接開示場所へおいでください。なお、電話等による請求では開示できません。
  • 開示請求できる者 不合格者
  • 開示内容 試験の得点及び順位
  • 開示場所 新潟市役所白山浦庁舎 歴史文化課

勤務条件等

給料(地域手当を含む)

  • 資料調査専門員A 月額126,494円
  • 資料調査専門員B 月額131,041円
  • 資料調査専門員C 月額157,867円

なお、本市職員として在職期間がある場合は、その職歴に応じて給料月額を決定します。

手当等

  • 期末手当、時間外勤務手当、通勤手当、退職手当等
  • 期末手当、退職手当は、一定の要件を満たす場合に支給します。

一般的な勤務時間

  • 勤務時間は原則として午前9時から午後4時までの週29時間勤務となります。(勤務先により異なる場合があります)
  • 休憩時間は60分です。
  • 業務の都合により時間外勤務を命ぜられる場合があります。

休日

  • 土曜、日曜、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は休日になります。(勤務先により異なる場合があります)

休暇

  • 年次有給休暇20日(週5日勤務の場合)
  • 特別休暇(忌引、夏季休暇等)

社会保険

  • 任用当初の勤務条件により、健康保険、厚生年金保険、雇用保険などに加入となり、保険料の負担が発生します。

公務災害

  • 新潟市の条例による公務災害補償制度または労働者災害補償保険のいずれか(勤務する所属により異なります)が適用されます。

服務

  • 地方公務員法に規定する服務および懲戒に関する規定の対象となります。
  • パートタイム勤務の会計年度任用職員は、営利企業等従事(兼業)を行うことができますが、以下の場合は認められませんので留意してください。

 ・兼業を行うことによって職務の遂行に支障をきたす恐れがある場合(兼業先との所定勤務時間の合計が本市常勤職員の勤務時間を上回る場合など)
 ・兼業を行うことにより職務の公正さを確保できなくなる恐れがある場合。
 ・兼業を行うことによって新潟市の信用を損なう恐れがある場合。
 

受験の申し込み方法及び受付期間

申込内容

  • 申込書兼履歴書に必要事項を自筆で記入の上、写真を貼り付けて、以下の必要書類を添えて、下記申込先に直接持参、又は郵送(簡易書留や特定記録郵便など)してください。
  • 封筒の表面に「会計年度任用職員受験申込書在中」と赤字で書き、裏面に受験者の住所、氏名を必ず記入してください。
  • 普通郵便により郵送した場合の事故については、責任を負いません。
  • メール便は不可です。

必要書類等(各1部)

  1. 申込書兼履歴書(所定様式)
  2. 写真(無背景・脱帽・正面向き、1 に貼付のこと)
  3. 卒業証明書又は卒業見込証明書(最終学歴)
  4. 成績証明書(日本史またはアーカイブズ学の履修単位を確認できるもの)
  5. 資料調査専門員A希望者は、学芸員の資格取得を証明する書類。(B・Cについては、後日提出を求める場合があります)
  6. 課題論述文と別紙(課題:『歴史資料だより』を執筆すると仮定して、任意の資料について「資料紹介」を、1,800字(写真等の誌面構成を含む)以内で書いてください。)
  7. 第1次選考の結果を通知するための封筒(長形3号:120mm×235mm)に、通知先を記載し、84円切手を貼付すること。

受付期間・提出先・記入上の注意など

受付期間

令和元年12月25日(水曜)から令和2年1月20日(月曜)まで

  • 郵送の場合は締め切り日までに必着。
  • 直接持参する場合は、土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)を除く日の午前8時30分から午後5時30分まで。

提出先

新潟市歴史文化課 会計年度任用職員採用担当
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1-602-1(白山浦庁舎1号棟1階)
電話:025-226-2584

申込書兼履歴書の記入上の注意

  1. 申込書に事実と異なる記載をした場合には、合格を取り消す場合があります。
  2. 記入漏れ、押印が無いなど必要書類が整っていない場合は、受付できない場合があります。
  3. 記載は、すべて黒か青のボールペンまたは万年筆を用いてください。
  4. 学歴は最終学歴だけでなく、高等学校以降のすべての学歴を記載してください。資格も同様です。
  5. ※欄は、記入しないでください。
  6. 年齢は令和2年4月1日現在で記入してください。

「受験票」の交付等

  • 受験票の交付は第2次選考のみです。第2次選考を受験する際は、受験票と第1次選考の結果通知を持参してください。
  • 令和2年2月3日(月曜)までに受験票が届かない場合は、必ず令和2年2月5日(水曜)までに新潟市歴史文化課(電話:025-226-2584)にご連絡ください。

受験にあたっての注意事項

  1. 第2次選考を受験する際は、指定された時間までに試験会場までおいでください。正当な理由のない遅刻者は受験できません。
  2. 第2次選考当日は、受験票、第1次選考の結果通知、筆記用具、時計(計時機能だけのものに限る)を持参してください。
  3. スマートフォン、携帯電話、スマートウォッチの使用は禁止します。試験中は電源を切っていただきます。(マナーモードや時計としての利用も禁止します)
  4. 各種辞書や辞典等の持ち込みはできません。
  5. ごみは必ずお持ち帰りください。
  6. 受験会場は敷地内禁煙です。
  7. 試験中に災害等不測の事態が発生した場合は、職員の指示に従ってください。
  8. 試験日は降雪等で悪天候の可能性もありますが、試験は予定どおり実施します。遅刻者は受験ができませんので、不測の事態に備えて時間に余裕をもってお越しください。

試験案内及び申し込み用紙について

  1. 市役所本館案内、各区役所、出張所、歴史文化課に配置しています。
  2. 郵送を希望する人は、長形3号封筒(宛名を記入し94円切手を貼る)を同封し、請求封筒に「試験案内請求」と明記して、申し込み担当課へ送付してください。
  3. 下記リンクよりダウンロードも可能です。

申し込み・問い合わせ先

新潟市歴史文化課 会計年度任用職員採用担当

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1-602-1 白山浦庁舎1号棟1階
電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412 電子メールアドレス:rekishi@city.niigata.lg.jp

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

歴史・文化財に関するお知らせ

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る