このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

生物化学的酸素要求量(BOD「ビーオーディー」)

最終更新日:2016年2月29日

 生物化学的酸素要求量(BOD=Biochemical Oxygen Demand)とは微生物が水中の有機物(主に生活排水等の汚れ)を分解したときに消費する酸素量のことで河川の水質汚濁の指標の一つになっています。

BODの数値の意味って?

 有機物が多い水、つまり水質汚濁が進んでいる水の中では有機物の分解にたくさんの酸素を消費します。反対にきれいな水では分解する有機物が少ないので消費される酸素は少なくなります。このことから、BODの値が高いとその河川の水は汚れている、BODの値が低いとその河川の水はきれいだと言えます。

数値が高いとどうなるの?

 BODの数値が高い河川では有機物の分解に多くの酸素を消費するため、水の中の酸素の量は少なくなります。その結果、魚などが生きていくための酸素が足りず、死んでしまったり、水が腐敗して悪臭を発生させることもあります。

 そのため、BODは河川の生活環境項目としての基準や、魚類がすめる数値が示されています。
 これらの数値は河川などの水利用や自然環境保全の点から6段階の類型に設定されています。

表:河川のBODの基準
類型 AA A B C D E
BOD (ミリグラム毎リットル) 1 2 3 5 8 10
代表的な魚   ヤマメ・イワナ サケ・アユ コイ・フナ

魚はほとんどすめません

魚はほとんどすめません

 また、事業所に対して河川等に排水する場合の基準が示されています。

新潟市内の河川のBOD

 新潟市では阿賀野川水系、信濃川水系の河川24地点で毎月測定を実施しています。平成26年度の測定結果では全対象河川においてBODは環境基準を達成しています。

関連リンク

このページの作成担当

保健衛生部 衛生環境研究所
〒950-2023 新潟市西区小新2151番地1
電話:025-231-1231 FAX:025-230-5818

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る