このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

川のプランクトン 緑藻のなかま2

最終更新日:2012年6月1日

クロロコックム目 ヒドロジクチオン(アミミドロ)科 ペジアストルム(クンショウモ)属

星型の細胞が平面状に並び、側辺で接着して、同心円状に配列した群体です。外周の細胞は突起をもち、内部の細胞にはみられません。

写真ペジアストルム属

クロロコックム目 ミクラクチニウム科 ミクラクチニウム属

細胞は球形で、群体を形成します。細胞の外側へ2~3本の刺状突起が放射状に伸びています。各地の湖沼に見られます。

写真ミクラクチニウム属

クロロコックム目 オーキスチ科 アンキストロデスムス属

細胞は、三日月状の紡錘形です。多くの細胞が緩やかに結合しています。池沼、溜池などにおおくみられます。

写真アンキストロデスムス属

クロロコックム目 セネデスムス科 セネデスムス属

細胞は紡錘形で、8個の細胞が交互に入り組んだ群体を形成しています。両側の細胞は三日月形に湾曲しています。各地で見られます。

写真セネデスムス属

クロロコックム目 セネデスムス科 セネデスムス属

細胞は細長い楕円形で、4又は8個の細胞が群体を形成します。両端の細胞は2本の刺状突起をもっています。

写真セネデスムス属

クロロコックム目 セネデスムス科 セレナストルム属

細胞は紡錘形で、多数の細胞がよりあつまって、群体を形成しています。群体は2又は4個の細胞が背面で接してX字形に配列しています。各地にみられます。

写真セレナストルム属

クロロコックム目 オーキスチ科 キルクネリエラ属

細胞は三日月形で、透明な寒天質状の粘質鞘に包まれています。湖沼によくみられます。

写真キルクネリエラ属

クロロコックム目 パルメラ科 スファエロキスチス属

球形の細胞が集まって寒天質状の粘質鞘に包まれた群体です。湖沼に普通に見られます。

写真スファエロキスチス属

シグネマ目 デスミジウム科 スタウラストルム属(ホシガタモ属)

細胞は中央がくびれ、角には突起がみられます。

写真スタウラストルム属

クロロコックム目 オーキスチ科 パキクラデラ属

細胞は球形で、周りに、平面上に太くて長い4本の刺状突起が見られます。

写真パキクラデラ属

クロロコックム目 ミクラクチニウム科 アカントスファエラ属

細胞は球形です。放射状に伸びる多数の突起があり、突起の根元3分の1くらいが太くなっています。各地に見られます。

写真アカントスファエラ属

このページの作成担当

保健衛生部 衛生環境研究所
〒950-2023 新潟市西区小新2151番地1
電話:025-231-1231 FAX:025-230-5818

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る