このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

海のプランクトン 珪藻のなかま1

最終更新日:2012年6月1日

円心目 ヒドゥルフィア科 ユーカムピア属

いくつもの細胞が両端の突起部で連結し、らせん状の群体をつくっています。冬季日本海各地に広く分布します。

写真ユーカムピア属

円心目 リゾソレニア科 リゾソレニア属

細胞は幅が広く、突起を持ち、相互に連結して、群体を作ります。

写真リゾソレニア属

円心目 リトデスミウム科 ディティル属

細胞は両端に突起があります。断面は三角形が多く、四角や円形に近いものもあります。日本各地に出現します。

写真ディティル属

円心目 メロシーラ科 コレトロン属

細胞は円筒形で両端は球状となり、長い刺毛が冠状に伸びています。日本海では冬季の冷水期に現れます。

写真コレトロン属

円心目 リゾソレニア科 リゾソレニア属

細胞は突起を持ち、相互に連結して、やや結合の弱い真っ直ぐな群体を作ります。

写真リゾソレニア属

羽状目 ニッチア科 ニッチア属

細胞は先端がとがった紡錘形で、多数の細胞が連結して紐状の群体を作ります。

写真ニッチア属

円心目 キートケロス科 キートケロス属

細胞は四辺形で、長い刺毛が隅角から横に伸びています。数個の細胞が群体をつくります。日本の沿岸で普通にみられます。

写真キートケロス属

円心目 キートケロス科 キートケロス属

円筒状で数本の刺毛をもつ細胞が密接に結合しています。日本海では普通にみられます。この写真ではツリガネムシが着生しています。

写真キートケロス属

円心目 タラシオシーラ科 スケレトネマ属

細胞は円筒形で、連結棘が、隣同士の細胞のほぼ中央で結合しています。河口域で繁殖し赤潮となることがあります。

写真スケレトネマ属

羽状目 ディアトマ科 アストリオネラ属

細胞は三角形となり、相互に接して、螺旋状の群体となります。温帯に広く分布し、秋から春によく見られます。

写真アストリオネラ属

円心目 リゾソレニア科 リゾソレニア属

細胞はくちばし状の突起を持ち、数個が相互に連結して、弧状の群体を作ります。

写真リゾソレニア属

円心目 リゾソレニア科 リゾソレニア属

細胞は突起を持ち、相互に連結して、直線の群体を作ります。

写真リゾソレニア属

円心目 キートケロス科 キートケロス属

細胞の多くは単体で、太くて長い刺毛がのびています。

写真キートケロス属

このページの作成担当

保健衛生部 衛生環境研究所
〒950-2023 新潟市西区小新2151番地1
電話:025-231-1231 FAX:025-230-5818

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る