このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

適正な表示の作成について

最終更新日:2014年6月17日

表示とは?

 表示は、消費者が食品を購入したり、正しく使用したりする上での重要な情報源です。
 また、万が一事故が発生した場合には、的確な対応を迅速に行うための手がかりになります。
 
 食品の表示は、食品衛生法、JAS法等の法律で細かく規定されています。
 表示の基本ルールについては下記リンクをご参照ください。

 いま、産地偽装やアレルギーによる健康被害が問題となっていますが、これらは「原材料名」や「原料原産地名」の欄に表示されています。

原材料表示で確認すべき事項

 原材料表示を作成する際に、特に確認しなければならないのは以下の3点です。

  • 原材料
  • 食品添加物
  • アレルギー物質

 このうち、食品添加物及びアレルギー物質については、製造する際に自らが原材料として使用していなくても、使用した原材料中に含まれていれば表示しなければなりません。使用している原材料に何が含まれているのか、確認しましょう。

頻発するアレルギー表示欠落

アレルギーとは

 食品を摂取した際、食品中に含まれるタンパク質を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことを言います。
 症状はかゆみ・じんましんの発症や唇・まぶたの腫れ等から意識の消失・ショック状態(アナフィラキシー)といった重篤なものまで人それぞれですが、最悪の場合、死に至ることもあります。

 そのため、アレルギー表示の欠落はアレルギーを持つ消費者にとって命取りになりかねません。
 しかし、近年、アレルギー表示の欠落によって健康被害が発生したり、企業が商品を自主回収する事例が多く見られます。

展開表の作成

 アレルギーによる健康被害を起こさないために、また、原材料に関する情報を適確に伝達するために、製造した食品の表示が適切かどうか確認する必要があります。当課では「展開表」を作成して食品にどんな原材料、アレルギー物質、食品添加物が含まれているのかを一覧にして確認することを推奨しています。

展開表作成の流れ

  1. まず、食品を製造するにあたり、使用している原材料がどういうものか把握する必要があります。原料の製造メーカーから規格書を取り寄せて、確認します。
  2. 1.で確認した内容を一覧表にします。(これを展開表といいます)
  3. 展開表をもとに表示を作成します。

問題集

 展開表を作成する能力を養うための問題集です。基本的な問題を3題用意しました。
 練習にご活用ください。

期限設定の流れ

 期限は食品の特性、原材料・施設の衛生状態や製造時の衛生管理、保存状態等さまざまな要因を考慮し、「製造者」自身が科学的、合理的に設定します。
 期限設定に関するパンフレットを作成しましたので、参考にしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8226 FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

食品表示について

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る