このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成28年4月1日から身体障害者手帳の認定基準を改正

最終更新日:2016年3月24日

 平成28年4月1日より、肝臓機能障がいの認定基準が緩和され、障がいの状態によって今後手帳の更新が必要になる場合があります。 また、呼吸器機能障がいは換気機能の測定方法等が変更となります。

厚生労働省正式通知について

身体障害者手帳認定基準の改正に関する、厚生労働省からの通知です。

肝臓機能障がいの再認定について

 平成28年4月1日より身体障害認定要領(厚労省要領)が改正となり、肝臓機能障がいの重症度分類Child-Pugh(チャイルド・ピュー)の合計点数の要件が10点以上から7点以上に緩和されることに伴い、新たに下記のとおり再認定を行うこととなります。

再認定の時期について
  平成28年3月31日まで 平成28年4月1日以降

初めて肝臓機能障がいの認定を行うものであって、Child-Pugh分類の合計点数が7点から9点の状態である者

再認定なし

1年以上5年以内の期間内に再認定を実施する(手帳診断書・意見書作成日から1年2か月~4年10か月の期間内で、医師が個別に再認定時期を決定する)

※ 上記の期間内で医師が個別に障がいの状態を判断し、再認定時期を決定することとなります。(診断書に記載する再認定時期は1年2か月~4年10か月の期間内です。)
※ 再認定の際にもChild-Pugh(チャイルド・ピュー)分類による合計点数が7点から9点の状態であった場合には、医師が個別に障がいの状態を確認し、再認定の必要性を判断することとなります。
※ 再認定時期到来前に障がいの状態が変化し、程度変更が必要となった場合は、再認定時期を待たずに申請可能です。

診断書の取扱いについて

 改正に伴い、肝臓機能障がいと呼吸器機能障がいの診断書様式が変更となります。平成28年4月1日以降の日付で作成する診断書は、変更後の診断書様式で作成したものでなければ申請を受け付けることができませんので十分にご注意ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

福祉部 障がい福祉課 在宅福祉係
〒951-8550
新潟市中央区学校町通1-602-1
電話:025-226-1239 FAX:025-223-1500

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去のお知らせ一覧

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る