このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

心の輪を広げる体験作文と障害者週間のポスターを募集

最終更新日:2018年7月10日

障がいのある人とない人のふれあい体験をテーマにした「心の輪を広げる体験作文」と、障がいのある人への理解を深めるための「障害者週間のポスター」を募集します。
これは障がいの有無に関わらず、誰もが安心して暮らすことができる社会の実現を目指し、内閣府並びに都道府県及び政令指定都市の共催で行うものです。

応募者全員に記念品を進呈します。

心の輪を広げる体験作文

1.募集テーマ及び内容

募集テーマ:「出会い、ふれあい、心の輪~障がいのある人とない人との心のふれあい体験を広げよう~」
内容は、障がいのある人とない人の心のふれあいの体験をつづったものとする(題名は自由)。
なお、応募作品は、未発表のもの1編に限る。

2.応募資格

小学生以上(特別支援学校の児童生徒を含む)の市内在住または在学・在勤者

3.募集の区分

「小学生部門」 「中学生部門」 「高校生・一般部門」の3部門に区分して行う。

4.用紙・字数

  • 小学生、中学生部門 原稿用紙2~4枚程度
  • 高校生・一般部門   原稿用紙4~6枚程度
いずれも用紙は原則として400字詰め原稿用紙(B4判縦書き)とする。
点字での応募も可。

5.その他(応募者の属性等に関する参考資料)

別紙様式1「応募用紙(作文)」を添付する。

障害者週間のポスター

1.募集テーマ及び内容

テーマ:障がいの有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現
内容は、障がい者に対する理解の促進に資するものとし、障がいのある人とない人の相互理解・交流等を造形的表現で訴えるものとする。
また、標語その他の文字は入れないこと。
なお、応募作品は、未発表のもの1点に限る。

※応募のあった作品で、内閣府が最優秀賞に選定した作品のうち1点を、内閣府が作成する「障害者週間のポスター」の原画として使用する。

2.応募資格

小学生及び中学生(特別支援学校の児童生徒を含む)で、市内在住または在学者

3.募集の区分

「小学生部門」「中学生部門」の2部門に区分して行う。

4.規格・画材

規格は、画用紙B3判(横364ミリメートル×縦515ミリメートル)又はいわゆる四つ切り(横382ミリメートル×縦542ミリメートル)を使用し、これに満たない作品は、B3判又は四つ切りの大きさの台紙に貼付する。彩色画材は自由とする。なお、作品は縦位置(縦長)のみとする。
(注意)作品は絶対に折り曲げないでください。

5.その他(応募者の属性等に関する参考資料)

別紙様式2「応募用紙(ポスター)」を添付する。

作品(作文・ポスター)応募期間

平成30年7月2日(月曜)から9月7日(金曜)必着

応募方法

応募用紙に必要事項を記入し、作品と一緒に下記まで郵送又は直接持参してください。
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
 新潟市 福祉部 障がい福祉課 管理係(市役所 本館1階)
 電話:025-226-1248(直通)
 FAX:025-223-1500

募集要項及びチラシ

過去の作品集をご覧いただけます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

障がい福祉課管理係
新潟市中央区学校町通1番町602番地1
電話:025-226-1248 FAX:025-223-1500

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る