このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

小さなお子さんや保育園・幼稚園等のお子さんがいるご家庭

最終更新日:2021年1月26日

保育園・認定こども園・地域型保育施設・私立幼稚園・認可外保育施設等に通うお子さんの保護者の方へ

各施設の運営

保育園等については感染拡大防止に最大限配慮をしながら、通常運営をしております。

保護者の皆様へ

感染症拡大防止と感染者発生時に迅速な対応を行うため、下記のとおりご協力をお願いいたします。

1)お子様の体調管理等について

毎朝、必ず家庭でお子さんの体温を測定し、発熱や風邪症状がないことを確認してください。なお、送迎に係る保護者様におかれましても同様の対応をお願いいたします。

2)体調不良時等の保育園等の利用について

お子様が発熱や呼吸器症状の発症などの体調不良時には保育園等の利用はできません。利用ができない期間は、発熱等が認められた場合は解熱後24時間以上が経過し、呼吸器症状が改善傾向となるまでとなります。

3)園への連絡について

以下に該当する場合、必ず園にご連絡ください。またその際には園からのお子様やご家族の症状等の聞き取りにご協力ください。
ア)登園しているお子様が感染した場合
イ)登園しているお子様が濃厚接触者となった場合
ウ)登園しているお子様または同居のご家族がPCR検査を受けることになった場合
 注記)ここでいうPCR検査とは、保健所の指示または診察した医師の診断で行われるものに限ります。

4)園で感染者が発生した場合

園児や施設職員が感染者と確認された場合には、原則、臨時休園となります。臨時休園の期間については、調査結果及び感染の拡大状況により決定します。
この対応についてご承知おきいただくとともに、休園に伴う家庭保育等についてご協力をお願いいたします。

5)各施設が主催する行事等について

各施設における行事の開催は、換気の徹底や人が密集しない環境及び近距離での会話などに留意しながら、縮小し実施しています。なお、地域の感染状況によっては、保護者様の参加はご遠慮いただくこともありますので、ご了承ください。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染拡大防止にかかるご協力のお願い(令和3年1月26日)(PDF:78KB)

学校臨時休業に関する保護者の休暇取得支援について

(1)正規・非正規問わず年次とは別の有給休暇を取得させた企業に10分の10助成。
(2)個人で就業する予定であった人も、業務委託契約等に基づく業務遂行等において、一定の要件を満たす場合には支援を実施する。
(お問い合わせ先:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター 0120-60-3999(外部サイト)

1歳6か月児・3歳児健診の実施について

新型コロナウイルス感染症の広がりを受けて見合わせていました1歳6か月児・3歳児健診ですが、健診会場の感染症予防対策をできる限り講じた上で、実施しています。

休止となった3月の健診対象の方から順次、個別にご案内をしていますので、対象月齢の方は、案内が届くまで今しばらくお待ちください。

すでにお送りしている問診票をご確認いただき、気になることがあれば、お住いの区役所にある「妊娠・子育てほっとステーション」までお電話ください。
問診票のご確認の際には、「小児科医からのメッセージ」も参考にしてください。

【受診の際のお願い】

  • 体調が気になる、健診会場での混雑を避けたい等、日程を変更されたい場合は、別日でもお受けいただけますので、体調やご都合に合わせて受診ください。
  • 来所者に熱や咳等の風邪症状がある場合、来所者に2週間内に県外(新型コロナウイルス感染症の流行地域)に行った人がいる場合は、別日での受診をお願いします。
  • 受診の際は、同伴者のマスク着用(ない場合はバンダナ等で口を覆う)をお願いします。

今後の感染症の発生状況によっては、急きょ中止となる場合があります。
今後も随時ホームページをご確認いただきますよう、よろしくお願いします。

関連施設について

情報の収集について

感染症流行時には、SNS等をはじめ不確かな情報が拡散しがちですが、信頼できる情報をもとに行動してください。

参考資料

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【厚生労働省】新型コロナウイルスに関するQ&A(妊婦や乳児に関すること)(令和2年12月24日時点)(PDF:439KB)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【厚生労働省】新型コロナウィルスに関するQ&A(一般の方向け)(外部サイト)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【日本新生児育成医学会】 新型コロナウイルス感染症に対する出生後早期の新生児への対応について(令和2年10月19日)(PDF:1,739KB)

日常生活で気を付けていただきたいこと

1.まずは手洗いが大切です。こまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール手指消毒剤も効果的です。
 ドアノブや電車のつり革、手すり、ATMのタッチパネルなどにもウイルスがついている可能性があります。しっかりと手洗いを心がけてください。

2.くしゃみや咳が出る時は、マスクをつける、ティッシュやハンカチで口や鼻を覆う、とっさの場合は、袖などで口や鼻を覆うなど、咳エチケットをお願いします。

3.定期的に換気をしてください。

お問い合わせ

お問い合わせ一覧
内容 連絡先 電話番号
妊娠・出産・子育てで不安なことや心配なことがあるとき 妊娠・子育てほっとステーション

北 区 025-387-1340 
東 区 025-250-2340 
中央区 025-223-7237
江南区 025-382-4340
秋葉区 0250-25-5685
南 区 025-372-6375
西 区 025-264-7423
西蒲区 0256-72-8372

 
ハローミッドワイフ(新潟市助産師会)
助産師にによる相談
 

025-244-8885
月曜、火曜、木曜、金曜の午後1時から午後3時30分 (お盆・年末年始等、休みの場合あり)

子育てなんでも相談センターきらきら(新潟市社会福祉協議会)

025-248-2220
(平日午前8時30分から午後5時15分)

具合が悪い場合

  • 発熱や咳など風邪のような症状が続く場合
  • 強いだるさや息苦しさ、高熱などの強い症状がある場合

かかりつけ医
※まずはお電話でご相談ください

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談

受診・相談センター
(新潟市保健所保健管理課)

025-212-8194
(平日午前9時から午後5時)

厚生労働省電話相談窓口

0120-565653
(午前9時から午後5時。土曜日曜祝日も受付)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症関連情報

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る