このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

子宮頸がん予防ワクチン接種について

更新日:2014年12月2日

 平成25年4月1日から、「予防接種法」の改正により、子宮頸がん予防ワクチンが定期の予防接種となりましたが、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会(6月14日開催)において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

 今後、積極的な接種勧奨の再開の是非については、子宮頸がん予防ワクチン接種の副反応について可能な限り調査を実施し、速やかに専門家の会議による分析・評価を行った上で、改めて判断することとしています。

有効性とリスクについて(厚生労働省のホームページにリンクします)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。積極的な勧奨の差し控えについてのQ&A

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会

接種に関するリーフレット(厚生労働省)

子宮頸がん予防ワクチン相談窓口が開設されました

 厚生労働省が平成26年11月1日に開設しました。
子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種について相談にお答えします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。詳しくは厚生労働省ホームページ(子宮頸がん予防ワクチン相談窓口)へ

診療体制について

 子宮頸がん予防ワクチン接種後の広範な疼痛又は運動障害を中心とする多様な症状を呈する患者に対して、より身近な地域において適切な診療を提供するため都道府県単位で協力医療機関を選定し、協力医療機関、地域の医療機関、厚生労働科学研究事業研究班の所属医療機関等が連携する診療体制を整備することとなりました。厚生労働省より、各都道府県の協力医療機関の選定状況について、公表されました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。子宮頸がん予防ワクチンの予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(厚労省ホームページ)


なお、接種を希望される場合は、定期接種として受けることは可能ですが、その有効性と接種による副作用が起こるリスクについて、厚生労働省リーフレット等をお読みになった上でご判断下さい。

子宮頸がん予防ワクチン定期接種(新潟市ホームページ)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る