このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新型(しんがた)コロナワクチンの3回目(かいめ)の接種(せっしゅ)(注射(ちゅうしゃ))について

最終更新日:2022年6月2日

新型コロナワクチンの3回目の接種(注射)が始(はじ)まりました。

3回目の接種について

新接種をする日に12才以上の人だけです型コロナワクチンを2回接種してから時間(じかん)がたつとワクチンの効果(こうか)が下(さ)がります。効果を上(あ)げるために3回目の接種をします。

  • あなたがいいと思ったら、ワクチンを接種してください。無理(むり)に接種(せっしゅ)をしなくてもいいです。ワクチンの効果と副反応(ふくはんのう)を考(かんが)えて、接種することは自分(じぶん)で決(き)めてください。

※副反応 熱(ねつ)が出(で)る、接種(せっしゅ)したところが赤(あか)くなる、頭(あたま)が痛(いた)くなる、疲(つか)れる

接種できる人(ひと)

12才(さい)以上(いじょう)で、2回目の接種をした日から5か月たった人。
(12~17才の人も3回目の接種を受けることができます。)
2回目の接種をした日から5か月過ぎた日から接種できます。
※5か月過ぎる前(まえ)に接種はできません。
例(たと)えば、1月31日に2回目の接種をした人は、7月1日から3回目の接種ができます。接種券(せっしゅけん)が届(とど)いた人から、予約(よやく)と接種(注射)ができます。
接種する日に12才以上の人だけです。

使(つか)うワクチン

・1回目と2回目に接種したワクチンと関係(かんけい)なく、mRNAワクチン(ファイザー社(しゃ)かモデルナ社)です。
・12~17才の人は、ファイザー社のワクチンだけ接種できます。
・多くの集団(しゅうだん)接種はモデルナ社です(ファイザー社を接種する会場と日も少しあります)。
・個別(こべつ)接種はモデルナ社またはファイザー社です。
・使うワクチンは変わるかも知れません。

接種する回数(かいすう)

1回だけ接種します。

お金

ワクチンの接種は無料(むりょう)です。お金はいりません。

3回目の接種をした方がいい人

  • 65才以上の人、病院(びょういん)に行(い)っている人、入院(にゅういん)している人
  • 重(おも)い病気になりやすい人、その人と会う人(家族(かぞく)、看護師(かんごし)など)
  • 病院で働(はたら)く人など、感染(かんせん)する可能性(かのうせい)が高(たか)い仕事(しごと)をしている人

接種の受(う)け方(かた)

集団(しゅうだん)接種で2回目を接種した人

  • 65歳以上(1957年4月1日までに生まれた人)

集団接種を受ける日と時間と会場(かいじょう)をお知らせします。接種券に書いてある日と時間に、会場に来てください。
・日にちと時間と会場は、変えることができます。
・接種をしたくない人や、集団接種で接種しない人は、必ずキャンセルしてください。
※前倒し接種をしたい人は、受ける日を変えることができます。

  • 64歳以下(1957年4月2日の後に生まれた人)

集団接種を自分で予約してください。接種券が届いてから予約して下さい。

  • 集団接種を予約する・変える・キャンセルするやり方
  1. 専用(せんよう)コールセンター(025-250-1234)
  2. 区役所(くやくしょ)・出張所(しゅっちょうじょ)の窓口(まどぐち)
  3. 新潟市ワクチン接種WEB予約(よやく)サイト(インターネット)

  • 3回目の接種会場
  • 多(おお)くの集団接種では、モデルナ社のワクチンを接種します。ファイザー社を接種する会場と日も少(すこ)しあります。
  • ワクチンの種類は変わることがあります。

個別接種で2回目を接種した人

2回目の接種をしたところと同じ病院かクリニックで予約をして接種してください。
接種券が届いてから予約してください。

  • 予約のやり方や、予約できる時は、病院によって違(ちが)います。

新規ウインドウで開きます。接種できる病院やクリニックの名前(なまえ)はこちらを見てください。

  • 個別接種では、今(いま)は、モデルナ社かファイザー社のワクチンです。

働いている会社や通っている学校、住んでいる施設で2回目を接種した人

3回目も働いている会社や通っている学校、住んでいる施設で3回目を接種できるかもしれません。会社や学校、施設に確認(かくにん)してください。
会社や学校、施設で3回目を接種できない人は、集団接種を予約して下さい。

2回目の接種が終わった後で新潟市に来た人

原則として集団接種を予約して接種を受けてください。
2回目の接種が終わった後で新潟市に来た人は、3回目の接種券の申し込みをしてください。
(新潟市で2回接種した後で、他の市などに引っ越して、その後にまた新潟市に引っ越して来た人も、申し込みが必要です。)

接種の時に必要なもの

  1. 3回目の接種券
  2. 身分証明書(みぶんしょうめいしょ)
  3. 予診票(よしんひょう)(接種券と一緒に郵便で送られます)

3回目の接種券(せっしゅけん)について

3回目の接種をするときは、接種券という紙(かみ)のシールが必要(ひつよう)です。

  • 2回目の接種をした日から5か月過(す)ぎる頃に届(とど)くように、12才以上の人に3回目の接種券を郵便で送ります。
  • 接種券は新潟市に住民票(じゅうみんひょう)がある人に、新潟市の住所(じゅうしょ)に送ります。
  • 2回接種が終わった後で新潟市に引(ひ)っ越(こ)して来た人などは、3回目の接種券を申し込んでください。
  • (新潟市で2回接種した後で、他の市などに引(ひ)っ越(こ)して、その後にまた新潟市に引っ越して来た人も、申し込みが必要です。)
  • 届かないときは専用コールセンター(025-250-1234)に聞いてください。
12~17才の人に接種券を送ります
対象者 3回目の接種券を送る日
(1)2回目を2021年10月28日までに接種した人 4月18日~24日
(2)2回目を2021年10月29日以降に接種した人 4月25日~

その後は、2回目の接種をした日から5か月過(す)ぎる前(まえ)に届(とど)くように送ります。
・接種券が届かないときは専用コールセンターに聞(き)いてください

3回目の接種券と一緒に入っているもの

  • 3回目の接種券(紙のシール)
  • 予診票(よしんひょう)
  • 接種を説明(せつめい)する紙

接種券がないと接種ができません。なくさないでください。
接種券のシールは、そのまま大切(たいせつ)に保管(ほかん)してください。

3回目の接種券の申し込みが必要な人

  • 2回目の接種が終(お)わった後(あと)で新潟市に来(き)た人
  • 日本で2回接種が終わった後で、接種をした(きろく)がなくなった人
  • 海外(かいがい)で2回接種をした人
  • 海外で1回と日本で1回接種をした人
  • 羽田空港・成田空港でワクチン接種をした人

ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ノババックス社のワクチンを接種した人だけです。
※申し込みをするときに、1回目と2回目の接種をしたことがわかる書類(しょるい)のコピーを一緒(いっしょ)に送ってください。

海外で接種した人

ワクチンの接種回数に合(あ)あわせて次の接種の回数(かいすう)を決(き)めます。
  日本での次の接種
海外でファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ノババックス社のワクチンを2回接種した人 3回目
海外でファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ノババックス社のワクチンを1回接種した人 2回目
海外でファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ノババックス社のワクチンでないワクチンを2回接種した人 1回目

2回目の接種が終(お)わった後(あと)で新潟市に来(き)た人

2回目の接種が終わった後で新潟市に来た人は、3回目の接種券の申(もう)し込(こ)みをしてください。
新潟市で2回接種した後で、他の市などに引っ越して、その後にまた新潟市に引っ越して来た人も、申し込みが必要です。)
2021年5月1日から11月30日までに新潟市に来た人は、12月に申し込みの書類(しょるい)が郵便で届(とど)きます。

  • 1回目と2回目の接種券を新潟市からもらった人は、申し込みしなくていいです。
申し込みのやり方
次の2つの書類をに新潟市保健所(にいがたしほけんじょ)に郵便で送ってください。
  1. ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。接種券発行申請書(せっしゅけんはっこうしんせいしょ)(PDF:92KB)
  2. 1回目と2回目の接種済証(せっしゅずみしょう)をコピーしたもの

送るところ
〒950-0914
新潟市中央区紫竹山(しちくやま)3-3-11 新潟市保健所(にいがたしほけんじょ)

わからないことがあれば質問(しつもん)してください

新潟市コロナワクチン専用(せんよう)コールセンター

025-250-1234

  • 受付(うけつけ)時間(じかん) 8時30分から18時00分(毎日(まいにち))
  • 日本語のわかる人と一緒(いっしょ)に電話(でんわ)してください。
  • 接種券をなくした人、集団接種(しゅうだんせっしゅ)を予約(よやく)したが当日(とうじつ)キャンセルする人は025-250-0080

外国語で質問ができます。メールアドレス info@vaccine.niigata.jp

  • English、中文、Korean、Russian、Francaisだけ
  • メールで質問を書いて送ってください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る