このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ポリオ予防接種のお知らせ

最終更新日:2013年2月21日

 これまで集団接種で実施していた生ワクチンによる予防接種は、9月より不活化ワクチンを使用しての医療機関での個別接種となりました。
 予診票は医療機関においてあります。

 導入してしばらくは希望者が集中し、一時的に受けにくくなることが予測されますが、ワクチンは必要本数を考慮して順次供給されます。
 適切な接種時期については、かかりつけ医とよく相談してください。
 
 

不活化ポリオワクチンの接種方法について

  • 対象年齢

 生後3月から90月に至るまでのお子さま

  • 標準的な接種年齢

 初回:生後3月から生後12月
 追加:1期初回終了後12月から18月

  • 接種方法

 初回:20日以上の間隔をおいて3回接種
 追加:1期初回終了後6月以上の間隔をおいて1回接種

※これまでの接種歴に応じて回数が変わります。

お子さまの接種歴に応じた今後のワクチンの接種方法
これまでのワクチンの接種状況 今後の接種方法

生ワクチン又は不活化ワクチンを
1回も受けていない

不活化ワクチンを4回接種
(20日以上おいて3回※1、4回目は3回目より6か月以上おいて接種)

生ワクチンを1回接種している

不活化ワクチンを3回接種
(20日以上おいて2回※1、全体で4回目となる接種は3回目より6か月以上おいて接種)

不活化ワクチンを1~3回接種している 不活化ワクチンをこれまでうけたワクチンと合わせ合計4回となるよう接種(4回目は3回目より6か月以上おいて接種)

生ワクチンを
2回接種している

不活化ワクチンの接種は不要

ポリオの接種方法

※1 1回目から3回目の接種間隔は、一定期間(3年程度)経過後は20日から56日までの間隔をおいて接種となる予定です。

  • 三種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン)に、不活化ポリオワクチンを追加した四種混合ワクチンは、平成24年11月1日から始まりました。三種混合ワクチン及びポリオワクチン(生・不活化)を1回も受けていない場合、四種混合ワクチンを接種することになります。

関連リンク

お問合せ先

問い合わせ先
北区役所健康福祉課

電話:025-387-1340

東区役所健康福祉課

電話:025-250-2340

中央区役所健康福祉課

電話:025-223-7237

江南区役所健康福祉課

電話:025-382-4340

秋葉区役所健康福祉課 電話:0250-25-5685
南区役所健康福祉課

電話:025-372-6375

西区役所健康福祉課

電話:025-264-7423

西蒲区役所健康福祉課

電話:0256-72-8372

保健所保健管理課

電話:025-212-8194

このページの作成担当

保健衛生部 保健所保健管理課
〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号
電話:025-212-8183 FAX:025-246-5672

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る