このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

茶の間の学校

最終更新日:2017年11月1日

概要

いまだからこそ人との繋がりを学びなおしてみませんか?
あなたには、困った時に「助け合える関係の人」はいますか?誰かと話したくなったときに気軽に行ける「居場所」はありますか?
自分自身が尊重されていると感じていますか?
これから社会が大きく変化していく中で「地域や人をつなぐ茶の間」の存在がもっと重要になります。
自分で茶の間を立ち上げてみたい、地域の茶の間に参加してみたい、何か生きがいをみつけたい、そんな想いが叶えられる講座です。

日時

平成29年11月7日(火曜)から12月19日(火曜) 全6回
午前9時30分から正午
(ただし第3回11月24日のみ金曜開催で午前9時から午後2時30分)
※詳細は下記プログラムをご覧ください。

会場

新潟市中央公民館(クロスパルにいがた内)
※第3回11月24日は実家の茶の間(紫竹)

対象

成人 先着30人

参加費 1,300円(テキスト代1,000円、茶菓代300円)
持ち物 筆記用具
お申込方法

電話またはインターネットにて
電話申込みの方は、新潟市中央公民館(電話:025-224-2088)
インターネットの「かんたん申込み」は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。パソコンをご利用の方はこちら(外部サイト)外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。スマートフォンをご利用の方はこちら(外部サイト)をクリックしてください。
申込締切:10月31日(火曜)午後5時まで

お問い合わせ 新潟市中央公民館(電話:025-224-2088)

プログラム

実施日時 テーマ 講師
1

平成29年11月7日(火曜)

開校式
地域の茶の間の意義
地域包括ケアについて
なぜいま地域の茶の間なのか

茶の間の学校 校長 清水 義晴(しみず よしはる)
地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
市政策調整監 望月 迪洋(もちづき みちひろ)
地域包括ケア推進課 課長 関 智雄(せき ともお)

2

平成29年11月14日(火曜)

茶の間のつくりかた
具体的な茶の間のつくりかたを学ぶ

地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
実家の茶の間 当番のみなさん

3

平成29年11月24日(金曜
午前9時~午後2時30分

茶の間のつくりかた「実習」
実際に「茶の間」に行ってみよう

地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
実家の茶の間 当番のみなさん

4

平成29年11月28日(火曜)

茶の間のつくり方・茶の間の会計
地域の茶の間を続けていくには

地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
実家の茶の間 当番のみなさん

5 平成29年12月12日(火曜)

茶の間のつくり方
Q&Aで学びを深める

地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
実家の茶の間 当番のみなさん

6 平成29年12月19日(火曜)

公民館が地域で果たす役割
修了式&交流会
あなたが踏み出す次の一歩は?

茶の間の学校 校長 清水 義晴(しみず よしはる)
地域の茶の間 創設者 河田 珪子(かわだ けいこ)
中央公民館館長

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中央公民館
〒951-8055 新潟市中央区礎町通3ノ町2086番地
電話:025-224-2088 FAX:025-223-4572

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中央区のイベント情報一覧

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地
    電話 025-223-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る