このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

里山と公園施設を満喫しよう 第1回花と遺跡のふるさとフェスタ(終了しました)

最終更新日:2018年6月3日

(終了しました)
魅力あふれる里山と花と遺跡のふるさと公園を満喫してもらおうと「花と遺跡のふるさとフェスタ」を開催します。
県立植物園屋外園地エントランス広場では、丸太切りやロープを使って木に登るツリークライミング、水の上を歩くウォーターボールやカヌー体験、木工体験を行います。
クレープやパンケーキのキッチンカー、にいつフードセンターも出店します。
コーヒープロジェクトも1周年を迎え、皆様をお待ちしております。
公園内の各施設では、それぞれ当日限定の独自イベントなどを開催します。
新津駅と会場を往復する無料シャトルバスをご利用いただけます。
日時 平成30年6月3日(日曜) 午前9時30分~午後3時30分
会場 新潟県立植物園屋外園地(秋葉区金津186番地)を中心とした公園内5施設
※観覧料が必要な展示や一部有料イベントがございます。スポーツイベント参加の際は着替え・水筒等の飲み物・タオル・帽子を用意ください。

丸太切り体験の画像
丸太切り体験の様子

花と遺跡のふるさと公園内新潟県立植物園屋外園地を中心に開催。
新津駅から無料シャトルバスを運行します。
途中新津のまちなかを経由します。
駐車場は新潟県立植物園、新津美術館駐車場のほか、
新潟県埋蔵文化財センター駐車場、
さつき山公園駐車場が利用できます。

会場の詳細はこちらをご覧ください。

公園内各施設の注目イベント(他にも書ききれないイベントを実施予定です)

20周年を迎えた新潟県立植物園では、観賞温室の小中学生入場無料、バックヤードツアー、展示解説会を実施します。
新潟県埋蔵文化財センターでは、昔の生活を考えながら「くるみ割り体験」「火起こし体験」を実施、午後には「火起こし選手権」を実施します。
新津美術館では「ぼのぼの展」が始まりました。小中学生以下は入場無料、当日は午後1時まで「こどもタイム」なので、親子の会話を楽しめます。
史跡古津八幡山遺跡・弥生の丘展示館では、遺跡の発掘現場を案内するツアーに参加できます。弥生時代のムラを復元した丘の上では弓矢体験もできます。
新津フラワーランドでは新潟さつき展を実施中です。5施設で体験イベントをしたら、ここでガラポン抽選会に参加できます。帰りのバスはここから新津本町と新津駅に向かいます。

スタンプラリーに挑戦しよう

新潟県立植物園のエントランス広場や、花と遺跡のふるさと公園の5つの施設で、スタンプラリーの台紙を配布します。
ウォーターボール体験は、スタンプ台紙1枚で2か所以上でスタンプを押した方だけ体験できます。
植物園で里山体験をして、5つの施設と八幡山古墳のてっぺんを回ってスタンプを集めると、新津フラワランドでガラポン抽選会に参加できます。
鉢花や観賞温室チケット、ぼのぼの展招待券や里山ゆかりの賞品を100点以上用意してお待ちしております。
(賞品がなくなり次第終了します)

関連リンク

スタンプラリーのガラポン抽選会場で、新津駅への無料シャトルバスの発車場所です。
第21回新潟さつき展を開催中です。

連載30周年記念ぼのぼの原画展を開催中。10時開館。

各施設では企画展示などのイベントを実施中です。各施設のページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009
電話:0250-25-5687 FAX:0250-24-5888

本文ここまで

サブナビゲーションここから

秋葉区のイベント情報一覧

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る