このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

中央区役所だより 第254号(平成29年11月5日) 1ページ

最終更新日:2017年11月5日

行ってみよう!地域の茶の間

 

 子どもから高齢者まで、障がいの有無にかかわらず、誰もが気軽に立ち寄って思い思いの過ごし方ができる「地域の茶の間(以下、茶の間)」。多世代交流を通じて、地域での「お互いさま」の関係を築いたり、地域の担い手を育てたりする場としても大切な役割を果たしています。
市では、茶の間の活動をもとに地域での支え合いのしくみづくりを進める拠点として「地域包括ケア推進モデルハウス」を各区に設置しました。中央区にオープンした2つのモデルハウスを紹介します。
問い合わせ 健康福祉課(電話:025-223-7252)

ことし5月オープン 世代や障がいの有無を問わずふれあいが広がる ラップ・オ・タガイーニ

ラップ・オ・タガイーニ

 「パソコンやプリンターも自由に使えるので、中学生が学校帰りに宿題をしに来るなど、若い世代の利用者も多いところがこの茶の間の特徴です」と話すのは、ラップ・オ・タガイーニを運営するNPO法人Cocollabo Partyの代表、本間庸子さんです。同施設は、1階に地域活動支援センターIII型のカフェが併設され、2階に茶の間を開催するスペースが設けられています。
「1階のカフェは、幅広い年代の皆さんが利用しているほか、障がいのある利用者がコーヒーを入れたり食事を運んだりして手伝ってくれることもあり、世代や障がいの有無を問わず交流が自然と生まれています。今後は、カフェの雰囲気を2階の茶の間にも広げていけたらいいですね」と本間さん。「2階で茶の間を開催していることを知らない人がまだまだ多いようなので、近隣の地域でチラシを回覧するなど周知に力を入れているところです。参加者の皆さんに寄り添いながら、茶の間を継続して開催できる土台を築いていきたいです」と抱負を語ってくれました。

Wrap au Tagai:ni(ラップオタガイーニ)(西堀前通3番町726番地1)

ラップオタガイーニ

日時 毎週水曜・土曜午前10時から午後5時30分
参加費 300円
問い合わせ 同施設(電話:025-378-3236)

ことし8月オープン みんなの実家のような場所に しもまち笑顔の家

 「運営スタッフなのか、ふらっと立ち寄った参加者の一人なのか、言われないとどちらか分からないくらい、各自ができることで協力しながら楽しく過ごしています。目的がなくても気軽に訪れ自然体で過ごすことができる、地域みんなの実家のような場所でありたいですね」と話してくれたのは、しもまち笑顔の家の代表、小林悦子さんです。「建物に入ると『こっちでまずはお茶でも飲んで』と誰かが手招きをして迎えるので、初めての人も安心して来てもらいたいです」と笑顔を見せます。「今後も地域の皆さんと一緒になって、居心地の良い茶の間を作っていきたいです」と力を込めて話してくれました。

生きがいを感じる場所になっています

小林清さん

小林清さん

もともと寡黙なタイプだったのですが、ここでの会話が楽しくて、おしゃべり好きになっていたのは自分でも驚きです。物作りが好きなこともあり、入り口の手すりや表札を作るなどの手伝いをしたところ、皆さんに喜んでもらえてとても嬉しかったです。

しもまち笑顔の家(附船町1丁目4375番地1)

しもまち笑顔の家

日時 毎週火曜・金曜午前10時から午後3時
参加費 300円
問い合わせ 同施設(電話:025-378-2272)

私たちもサポートします! 支え合いのしくみづくり推進員

支え合いのしくみづくり推進員

 各地域の課題を把握し、足りない支援は何かなどを話し合う「支え合いのしくみづくり会議」。その構成員の中から選出される「支え合いのしくみづくり推進員」は、地域の声を必要な支援につなげるため、皆さんの身近で日々活動しています。
生活の中での困り事の相談も受け付けているので、「近くの茶の間に行ってみたいけど、どこにあるのか分からない」なども気軽に推進員の皆さんにお問い合わせください。

中央区担当 渡邉隆幸さん(写真上段左)

 推進員ごとに担当圏域は違いますが、定期的に集まって情報交換をしています。それぞれが個性を発揮しながら、地域に合った活動の進め方を大切にしていけたらいいですね。

問い合わせ 区社会福祉協議会(電話:025-210-8720)

宮浦・東新潟圏域担当 滝澤清香さん(写真下段左)

 地域の皆さんに支えられながら、楽しく活動しています。個別相談にいらした方の声はもちろん、茶の間や地域の催しなどでお会いした皆さんの声も丁寧に拾い上げていきたいです。
問い合わせ 地域包括支援センター宮浦東新潟(電話:070-4177-4911)

関屋・白新圏域担当 本保優太さん(写真上段中央)

 まずは顔を覚えてもらい、気軽に頼ってもらえる存在になりたいです。自転車に乗っていることが多いので、見かけたら遠慮なく声を掛けてくださいね。
問い合わせ 新潟青陵大学地域貢献センター(電話:025-368-7053)

寄居・新潟柳都圏域担当 佐藤高陽さん(写真上段右)

 地域の皆さんが、支え合う関係を自然と築いていけるといいなと思っています。皆さんと焦らずゆっくり、時間をかけながら取り組んでいきたいです。
問い合わせ 特別養護老人ホーム康和園(電話:080-2183-2256)

鳥屋野・上山・山潟圏域担当 岡田智子さん(写真下段右)

 区内で一番広いエリアですが「呼ばれたらすぐ行く」をいつも心掛けています。地域の皆さんと一緒に作り上げていく過程を大切に、活動していきたいです。

問い合わせ みどり病院認知症疾患医療センター(電話:090-5552-3922)

目次へ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地
    電話 025-223-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る