このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟発わくわく教育ファームの推進

最終更新日:2018年4月1日

子どもたちの「生きる力」を育み、農業の活性化を目指して

 新潟市は、政令指定都市でありながら、米づくりや花の栽培が日本一の生産を誇り、農業が盛んであるため「田園型政令市」としてまちづくりを進めています。

 そんな農業が身近にある素晴らしい環境を活かして、子どもたちの「生きる力」を育もうと、本市では「新潟発わくわく教育ファーム」推進事業を進めています。

 事業のきっかけは、市民でも、毎日食べる農産物などについて関心が薄かったり、農産物をつくる背景を知らなかったりと、消費者である市民と生産者である農家の距離が離れつつあることに危機感を持ったからです。

 教育ファームを通じて距離を縮めることは、市民が農産物について関心を高めて農家を応援することになり、その結果、農業が活性化されて本市の特性をさらに伸ばしていくことにつながっていきます。

アグリ・スタディ・プログラム(農業体験学習プログラム)

 教育ファームの柱となるのが、教育委員会と農林水産部が連携して進めている、学校の授業に農業体験を取入れた「アグリ・スタディ・プログラム」(農業体験学習プログラム)です。
 これは、様々な教科と農業体験を結びつけて、学習指導要領上の位置づけを明確にした農業体験を行うことで、学習を深めて、農業への興味・関心も高めていくものです。
 全国初の公立教育ファームである「アグリパーク」のほか、「いくとぴあ食花」や地域の農家などにおいて、学校や園が実態に応じて選択して実施しています。
 本市では、市内全ての小学生の農業体験学習の実践を進めており、取組みを通じて、本市が誇る農業や食に対する理解を深め、子どもたちの生きる力を培うとともに農業を応援する人づくりを目指しています。

 下記からプログラム集をダウンロードすることができます。

全プログラム(476ページ)が掲載されたアグリ・スタディ・プログラム(改訂版)の本冊(平成27年10月作成)もありますので、ご希望の方はお問い合わせください。

「子ども農山漁村交流プロジェクト」推進事業

 新潟市では、市内の子どもたちの農林漁業体験を支援する「子ども農山漁村交流プロジェクト」に取り組んでいます。
 このプロジェクトは、農林水産省・文部科学省・総務省が連携して取り組む学ぶ意欲・自立心・思いやりの心・規範意識などを育み、力強い子どもの成長を支える教育活動です。
 全国の小学校において、農山漁村での1週間程度の民泊を含めた長期宿泊体験活動を推進することを目指しています。(目標:平成25年度に全国の小学生1学年120万人の交流)
 プロジェクトの概要や全国での取り組みについては「子ども農山漁村交流プロジェクト」のホームページをご覧ください

新潟市での取り組みについて

 新潟市では、平成20年度から、都市に近接して農山漁村(海(水辺)・山・田畑のフィールド)がある新潟市内間での体験交流を推進しています。
 まずは、新潟市の子どもたちに、新潟市の自然、農業・農村への理解を深めてほしいと考えています。
 小学校向けの体験プログラム詳細については、プログラム集をご覧ください。

学校教育田

 本市では、日本一の米の生産を活かして、米の消費拡大と米を中心とした日本型食生活の大切さを再認識してもらうため、学校教育田事業を進めています。
 田植え・稲刈り及び収穫祭等、年間の米づくり活動に対して、市では経費を支援しており、平成30年度は79校の小学校・中学校・特別支援学校が取り組む予定です。

菌ちゃんリサイクル元気野菜づくり

 野菜くずと微生物を利用して、元気な土と丈夫な野菜をつくる「菌ちゃんリサイクル元気野菜づくり」を進めています。
 これは、長崎県佐世保市のNPO法人大地といのちの会の吉田俊道理事長が考案した取組です。
 平成30年度は、18の幼稚園・保育園で、みんなで持ち寄った野菜くずを観察したり、ゲームをしながら元気な土で虫に負けない野菜を育てる予定です。
 園児たちは、土づくりから収穫までを通して、いろんな発見をしながら捨てるはずの野菜くずが立派に役立つことが分かり、環境に優しい心と、命の循環と不思議さを感じ、身近な動植物へのいわたりの気持ちを育みます。
 また、元気な野菜をつくることと、元気な人間をつくることは共通点が多いので、園児たちが元気な野菜をつくる取組から、家庭で保護者と一緒に元気いっぱいになる活動にもつなげています。
 菌ちゃんリサイクル元気野菜づくりは、農業体験と食べることの本質を心と身体で感じることができる取組で、市民のインストラクターが指導・サポートしています。

農業体験学習を支援します

新潟市では、農業体験学習を行う学校・園に対して、交通費などの助成を行っています。

1.助成の条件


(1)新潟市内に設置された幼稚園・保育園、小学校、中学校及び特別支援学校であること

(2)学校については、授業においての利用であること(PTA活動、自治会活動などは対象外)

(3)新潟市内での活動であること

2.体験学習の種類

(ア)アグリパーク等での宿泊農業体験学習 【宿泊】
(イ)アグリパークでの日帰り農業体験学習 【日帰り】
(ウ)いくとぴあ食花での日帰り食育・花育等体験学習 【日帰り】
 ※「いくとぴあ食花団体体験プログラム」は除きます

(エ)近隣農家での日帰り農業体験学習 【日帰り】

3.助成額

助成額

助成額

4.手続きについて

「農業体験学習にかかる宿泊費及び交通費助成事務取扱要領」を参照いただき、助成を受ける場合は、体験の20日前までに、様式1(助成申請書)と必要書類を新潟市食と花の推進課までご提出ください。また、体験後、様式2(実績報告書)と必要書類をご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1794 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る