このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

施設の利用

更新日:2017年4月4日

利用できる施設

施設名 定員 面積 内容
調理実習室 約40名 約200平方メートル 調理台8台、講師用調理台1台
講座室A 約60名 約100平方メートル 講座室Aと講座室Bは繋げて、1つの講座室としても利用できます。
講座室B 約60名 約100平方メートル 講座室Aと講座室Bは繋げて、1つの講座室としても利用できます。音響セットは利用できません。
  • オプションとして、音響セット、映像セットなども利用できます。

利用できる内容、利用方法

食育や花育に関する活動(サークル活動、会議、講座や研修会の開催、展示会など)にご利用いただけます。

  • 個人でも団体でも利用できます。市外の方も利用できます。
  • 宣伝、販売、その他の営利目的での利用もできます。
  • 営利目的での利用の場合、利用予約後、暴力団排除に係る「誓約書兼同意書」の提出をお願いしています。
  • 詳しい利用方法については、「利用のきまり」をご覧ください。

利用できる時間、休館日

利用時間(開館時間)

午前9時から午後5時まで

休館日

不定休
(休館日は関連リンク「休館日と駐車料金について」をご覧ください。)

使用料金について

施設の使用料金

施設名 午前9時から正午まで 午後1時から午後5時まで 延長
(正午から午後1時まで)
調理実習室 2,400円 3,200円 800円
講座室A 1,200円 1,600円 400円
講座室B 1,200円 1,600円 400円
  • 営利目的での利用の場合は、料金表の2倍の料金となります。
  • 利用時間の中には、準備・片付け・清掃の時間が含まれます。
  • 利用時間が、料金表の時間に満たない場合でも使用料の時間割計算(割引き)はいたしません。
  • 延長時間のみの利用はできません。

設備(オプション)の使用料金

設備名 台数

午前9時から
正午まで

午後1時から
午後5時まで

延長
(正午から午後1時まで)
音響セット(調理実習室) 1式 200円 200円 50円
音響セット(講座室A) 1式 300円 300円 75円

映像セット
(大型テレビとDVDプレーヤー)

1式 200円 200円 50円

可変式プロジェクターセット
(プロジェクターとスクリーン)

2セット 800円 800円 200円
展示パネル 10枚 100円 100円 25円

備考:可変式プロジェクターセットは1セットあたり、展示パネルは1枚あたりの使用料金です。

駐車場について

第1駐車場、第2駐車場があり、90分までは無料、その後は利用時間に応じた駐車料金を徴収させていただきます。
いくとぴあ食花の各施設での有料体験やレストラン、ガーデン(ガーデンの無料開放期間を除きます)を利用した場合は、当初の90分無料に加え、さらに90分間無料となり、合わせて最長180分の駐車料金が無料となります。(ただし、複数の施設でのご利用でも割引時間は加算しません。)
詳しくは、関連リンク「休館日と駐車料金について」をご覧ください。

駐車場案内図
第1駐車場入口に交差点ができました。他の車両や歩行者に注意し通行してください。

手続き方法

インターネットから手続きをする場合

「公共施設予約システム」のページへ

利用者登録(ゲスト登録)

インターネットから食育・花育センターを予約するには、利用者登録(ゲスト登録)が必要です。
公共施設予約システムにアクセスし、利用者登録(ゲスト登録)を行います。
登録方法については、システムご利用の手引き(外部リンク)の【ゲスト登録】をご覧ください。

予約方法

利用月の3ヶ月前の1日午前0時から利用日3日前まで、公共施設予約システムで予約できます。
予約は、先着予約です。
予約方法については、システムご利用の手引き(外部リンク)の【予約申込・空き状況照会】をご覧ください。

予約の取り消し

利用日前日まで、公共施設予約システムで予約の取り消しができます。
予約の取り消し方法については、システムご利用の手引き(外部リンク)の【予約申込の取消】をご覧ください。

予約時間の上限

予約時間の上限はありません。同一利用者による複数の予約申込みが可能です。

予約の許可

施設側で予約の内容を確認し、システムのメッセージにより、利用の許可をお知らせします。
システムのメッセージの確認方法は、システムご利用の手引(外部リンク)の【メッセージの確認】をご覧ください。

 なお、公共施設予約システムで予約した場合、施設への利用許可申請書の提出と施設からの利用許可書の交付は、省略します。

窓口での手続きや郵送する場合

空室状況の確認

開館時間内に電話等で食育・花育センターに確認してください。

予約方法

  • 利用したい日の3ヶ月前の初日から利用日の3日前までに、電話等で仮予約をしてください。
  • その後、速やかに「利用許可申請書」に必要事項を記入のうえ、以下の提出先に提出してください。
  • 予約は先着順により決定します。
  • 予約確定後に、「利用許可書」と「納付書」を発行(郵送)します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用許可申請書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用許可申請書(PDF)

予約の変更

予約の内容を変更する場合は、利用日の前日までに「利用変更許可申請書」に必要事項を記入のうえ、以下の提出先に提出してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用変更許可申請書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用変更許可申請書(PDF)

予約の取り消し

予約を取り消す場合は、利用日の前日までに「利用取止申出書」に必要事項を記入のうえ、以下の提出先に提出してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用取止申出書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。利用取止申出書(PDF)

提出先(問い合わせ先)

食育・花育センター
〒950-0933 新潟市中央区清五郎401番地
電話:025-282-4181/ファックス:025-282-4987/
電子メールアドレス:shokuikuhanaiku@city.niigata.lg.jp

使用料の納付

納付方法

  • 使用料は前払いとなります。
  • 予約が確定しましたら、こちらから納付書を発行(郵送)しますので、10日以内に金融機関にて納付してください。(食育・花育センターの窓口でも納付できます)

納付期日の変更

納付期日を変更したい場合は、「使用料納付期日決定申請書」に必要事項を記入のうえ、食育・花育センターに提出してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料納付期日決定申請書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料納付期日決定申請書(PDF)

使用料の減免

次の利用の場合、使用料が減額又は免除となる場合があります。

  • 新潟市の主催又は共催で利用する場合
  • 公共的な利用の場合

利用内容により減額する割合が異なりますので、まずはお電話等で食育・花育センターへお問合せください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料免除申請書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料免除申請書(PDF)

使用料の還付

  • 一旦納付した使用料は、その後予約を取り消しても、原則、使用料は還付(返金)しません。
  • ただし、利用日の30日前までに予約を取り消した場合は、使用料を還付(返金)します。
  • 「使用料還付申請書」に必要事項を記入のうえ、食育・花育センターに提出してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料還付申請書(ワード)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。使用料還付申請書(PDF)

関連リンク

休館日と駐車料金について

交通アクセス

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。いくとぴあ食花のホームページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 食育・花育センター
〒950-0933 新潟市中央区清五郎401番地
電話:025-282-4181 FAX:025-282-4987

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る