このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

まちなかde愛応援事業

最終更新日:2017年12月14日

平成29年度の申請を募集中です。
先着順に受付し、申請総額が予算額に達し次第、募集を終了します。

まちなかde愛応援事業補助金に係る補助事業者の募集について

 企業等の連合組織又は商店街団体によるコン活に関するイベントの開催を支援するとともに、当該イベント会場を商店街内又は拠点商業地に設定することにより、まちなかの活性化を図ります。
 また、異性に出会う機会の少ない企業等に勤める者に対し、適当な相手にめぐりあう機会を提供することで、「出会いの場」だけでなく、「ビジネス交流の場」としての付加価値を提供することを目的としています。

1.補助対象者

次の事項の全てに該当する事業者
・ 市内に所在する複数の企業等の連合組織又は商店街団体
・ 対象事業を実施できる見込みのある団体
・ 暴力団又は暴力団員の統制下にある団体でないこと
・ 宗教的活動や政治的活動を行うことを目的とした団体でないこと
・ 法令遵守している団体であること

2.補助対象事業

次の条件を全て満たす事業
・ 商店街内又は拠点商業地において開催するコン活関連イベント
・ まちなか活性化に資する要素を取り入れたイベントとすること
・ 最後にカップリングの場を設けること
・ 参加者は、市内に本支店を有する企業等に勤務、もしくは市内に住民登録がある者
・ 参加者は、企業等に勤務する20歳から40歳未満の独身者となるよう努力すること
・ 参加者は、団体内の企業等に勤める者から募るよう努力すること
・ 参加者は、同一企業等に勤めるグループごとに募るよう努力すること
・ 参加者総数を概ね20名以上となるよう努力すること
・ 参加者が男女同数となるよう努力すること
・ 参加者グループごとの企業紹介を設けるよう努力すること
 ※その他要件あり。詳細については、「補助金申請の手引き」をご覧ください。 

3.補助率など

・ 補助率 3分の2
・ 限度額 30万円/1回(複数回の申請可)
・ 補助対象経費
 謝金、旅費、消耗品・材料購入費、通信費、印刷製本費、広告宣伝費、使用料、委託費、その他市長が必要と認める経費
 ※詳細は、商業振興課へ相談ください。

4.申請方法

 交付申請書の作成及び必要な添付資料を完備し、商業振興課へ持参又は郵送によりご提出ください。
 なお、補助金の申請をお考えの方は、申請書を提出する前に商業振興課へ必ず事前相談をお願いします

平成29年度採択事業

1.-南区秋の実りとご縁が実る- 割烹ビュッフェde縁活 ~まずはお友達から~

・事業者名 白根商工会青年部 ほか2団体
・開催日時 平成29年10月15日(日)午後0時45分から午後6時30分 ※終了しました
・場所 南区白根地域
・対象 おおむね22~39歳の独身男女 男性:20名、女性:20名

2.青年部主催 N-MEC Winter Meeting ~冬をHOTにするのは君たちだ!~

・事業者名 新潟市異業種交流研究会協同組合
・開催日時 平成29年12月15日(金)午後5時30分から午後9時00分
・場所 ホテルイタリア軒
・対象 組合員及び組合企業社員で未婚の20~30代の男女 男性:15名、女性:15名

平成28年度採択事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

経済部 商業振興課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館3階)
電話:025-226-1629 FAX:025-228-1611

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る