このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

信濃川区域の漁業協同組合

最終更新日:2012年6月1日

漁業権者 信濃川漁業協同組合
連絡先 (組合事務所)新潟市江南区平賀字酒座川原967
(電話:025-280-6143)
漁業権 内共第12号 第5種共同漁業権
漁場の区域 新潟市中央区地内昭和大橋上流端から上流新潟県と長野県との境界に至る信濃川及びその支川の区域。ただし、次の支川等を除く。関屋分水路、新潟市地内信濃川大橋下流端から上流鷲ノ木大通川、新潟市秋葉区、江南区地内JR東日本鉄道信越線下り線鉄橋下流端から上流新潟市秋葉区、江南区地内小阿賀橋上流端端までの小阿賀野川、覚路津大通川、東大通川、貝喰川、中之島川、西川、大河津分水路、黒川、栖吉川、柿川及び長岡市塚野山地内の小坂橋下流端から上流の渋海川。
漁業の名称 こい漁業、ふな漁業、もくずがに漁業
主な漁法 手釣、竿釣、投網、刺網、流網、袋網
遊魚の制限について
漁具及び漁法の制限 手釣、竿釣、かにかご(5個1ヶ統とし、1人6ヶ統まで)以外は禁止
遊漁期間 コイ、フナ:1月1日~12月31日まで
モクズガニ:1月1日~5月31日まで及び10月1日~12月31日まで
全長制限 コイ:15センチメートル以下
フナ:5センチメートル以下
モクズガニ:5センチメートル以下(甲幅
遊漁料の額 コイ、フナ:手釣、竿釣 1日300円、1年3,000円
モクズガニ:かにかご 1年3,000円
遊漁料の減免措置 1.未就学児の幼児は無料
2.小中学校生徒又は肢体不自由者のときは、同号に掲げる額の2分の1相当額
遊漁料納入場所 (組合事務所)新潟市江南区平賀字酒座川原967
電話:025-280-6143

関連リンク

このページの作成担当

農林水産部 水産林務課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟4階)
電話:025-226-1844 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

信濃川区域

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る