このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

松くい虫とは

最終更新日:2012年6月1日

 松が枯死する直接の犯人は、マツノザイセンチュウという体長1ミリメートルにも満たない小さな線虫です。
 初夏になると、この線虫を健全な松に次から次に運んで被害をまん延させるのが、体長約3センチメートルのマツノマダラカミキリです。
 松くい虫とは、線虫の「運び屋」であるマツノマダラカミキリのことをいいます。
 松くい虫被害が発生やすい気象条件は「高温少雨」です。
 マツノマダラカミキリの産卵期(7月上旬~8月下旬)に高温になると、活動が活発化し繁殖が増大します。
 また、少雨になると松が弱り、樹皮の下に産卵がしやすくなります。
 なお、新潟市では、昭和53年に秋葉区の新津地区で初めて松くい虫被害が発生しました。

このページの作成担当

農林水産部 農林政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1764 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る