このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 区について
  • 区役所・業務案内
  • くらしに関する情報
  • 施設案内
  • 区の取り組み
サイトメニューここまで


本文ここから

ウソ

更新日:2016年6月30日

科名:アトリ科
大きさ:全長約16.5センチメートル。スズメより少し大きい。全体にふっくらとしています。
季節:冬鳥。にいつ丘陵では、秋は10月ごろから、春は5月ころまで生活します。
色彩:全体が灰色をしていて頭が黒い。雄の頬は、美しいピンク色をしている。
鳴き声:ヒュー・ヒューと優しい声で鳴きます。
習性:サクラの木などに集まり、春先に花芽を盛んに食べる。
観察ポイント・エリア:葉の落ちた広葉樹林に、数羽の群れで静かに生活しています。

四季の鳥たち「冬の小鳥たち~ウソ」

ウソ(写真:小林信行さん)
ウソ(写真:小林信行さん)

 冬のにいつ丘陵で生活している小鳥たちの中から、ウソを紹介しましょう。

 ウソは、高い山から、寒さをさけてにいつ丘陵にやって来ます。また、北国からやってくるウソもいます。

 丸い灰色の体で、オスのほお(=ほっぺた)はうすい紅色をしています。口笛でウソの声をまねると、近寄ってくることがあります。やさしくヒー・フィーと呼んでみてくださいね。

 ウソは、ムシなどのほか、サクラなどの木の芽を食べて生活します。そのため、サクラの花の芽を食べてしまい、問題になることがあるようです。

 このように、静かなにいつ丘陵の林の中でも、冬の間ひっそりと生活している小鳥たちがいるのです。そして春になると、高い山や北国へ帰って行きます。

アカゲラ

野鳥図鑑トップへ

エナガ

このページの作成担当

秋葉区役所 地域課
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009
電話:0250-25-5673 FAX:0250-22-0228

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

花と緑に囲まれた 笑顔咲きそろう にぎわいのあるまち 秋葉区

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009 新潟市秋葉区役所 電話 0250-23-1000(代表)
Copyright(C) Akiha Ward, Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る