このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

夏のにいつ丘陵

最終更新日:2012年6月1日

 昔は、至る所で蛍が飛び交い、夏の風物詩として親しまれてきました。
 ところが近年は、蛍の生息する水辺環境の変化や、水の汚れなどで蛍を見ることが珍しくなってきました。
 蛍は、自然環境のバロメーターといわれています。
 ゴミの減量化やリサイクルをはじめ、下水道の利用、空き缶や吸いがらのポイ捨てをしないなど、私たちの生活の小さな積み重ねが環境を守ることになります。
 きれいな環境を取り戻すことによって、蛍を復活させることできたら、それは人間らしさや心の豊かさを取り戻すことにもなります。

夏のにいつ丘陵イメージ写真(白玉の滝)

蛍カレンダー

1月

幼虫は冠雪した水路の水底や石の下でじっとしています。

2月

さなぎになる前の幼虫は、低温環境でひと月以上生活することが必要です。

3月

水温が上昇するにつれて、幼虫の生活行動が活発になっていきます。

4月

栄養をとり、成虫期の生命活動と産卵活動を支えるエネルギーを蓄えます。

5月

中旬ころから、雨天の夜などに上陸して土まゆをつくり、さなぎになります。

6月

中旬からゲンジボタルの成虫が羽化して、夜空を発光飛翔します。

7月

水辺の草むらに産卵された卵がふ化し、幼虫が水の中に降りていきます。

8月

幼虫は、巻き貝「カワニナ」を食べて生活します。

9月

7月から9月にかけて、幼虫は脱皮を繰り返しながら成長します。

10月

若齢期幼虫の成育適温は21℃前後で、高温が続くと成育困難となります。

11月

幼虫は4~5令虫となり、16℃以下の水温で生活行動が鈍くなってきます。

12月

水温が下がり、越冬期の幼虫の生活行動はいっそう鈍くなります。

ゲンジボタルの一生

ゲンジボタルの一生

 ゲンジホタルの成虫は、体長15mmで、寿命は2週間くらいです。この間、露を吸うだけで餌はとりません。成虫は昼間、葉にとまって休んでいますが、日没後にオスは一斉に飛んで光を点滅させながらメスを探します。メスは葉にとまっていて、オスが接近すると強く発光し誘引します。そして、メスは水苔に500個程の卵を産みつけます。
 卵は、直径0.5mmの楕円形です。1ケ月くらいするとふ化し、小さな細長い幼虫となって川へ入ります。
 生まれたばかりの幼虫は約2mm、成長した幼虫は20~30mmになります。昼間は石の下などに隠れていて、夜になると川底をはい回り、餌のカワニナ(巻き貝)を食べて成長します。10カ月間水の中で暮らした幼虫は、春先の雨が降る暗い夜に、発光しながら一斉に岸辺にはい上がります。そして、土の中に潜りさなぎとなる部屋(土まゆ)を作ります。
 土まゆの中で、幼虫は前蛹(ぜんよう)となり、さらに脱皮してさなぎになります。さなぎは乳白色で、成虫のように光を放ちますが、点滅はしません。その後約1ケ月で成虫になり、地表へ出てきます。

ゲンジボタルのオス・メスの判別法

ゲンジボタルのオス・メスの判別法

ホタルの生息地

その1

蛍の生息地マップ(秋葉湖周辺)

春のにいつ丘陵 | 夏のにいつ丘陵 | 秋のにいつ丘陵冬のにいつ丘陵バードウォッチング

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課
〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009
電話:0250-25-5689 FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video
    〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009番地 電話 0250-23-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る