このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • 区について
  • 区役所・業務案内
  • くらしに関する情報
  • 施設案内
  • 区の取り組み
サイトメニューここまで


本文ここから

新津鉄道資料館 館内案内

更新日:2014年7月19日

昭和初期の新津駅

新潟市秋葉区にあるJR新津駅は、信越本線・羽越本線・磐越西線の交差する日本海側の鉄道の要衝で、「西の米原、東の新津」と称されるほどに繁栄してきました。
駅の周辺には、旧国鉄の機関区や電務区、車両工場などの現場機関が多く設置され、最盛期には客車400両、蒸気機関車60両を有する一大鉄道基地となります。
さらに、新津のまちの勤労者の4人に1人は鉄道関係者であると言われるほど、鉄道とまちの人たちの暮らしは深く関わっていました。
新津鉄道資料館では、鉄道のまちとして栄えた新潟・新津の鉄道文化を物語る様々な資料を保存・公開します。

1階

常設展示室

常設展示室の写真

新津鉄道資料館 常設展示案内

詳しくはこちらをご覧ください。

2階

2階での鉄道模型走行会の写真

企画展示室・パノラマ展示室・多目的スペースを設けています。

平成26年7月19日(土曜)から8月31日(日曜)まで開催

屋外展示コーナー

実車資料の写真

屋外では実車や信号機などの鉄道資料を展示公開します。
 
左:200系新幹線先頭車両
昭和57年(1982年)に開業した東北新幹線・上越新幹線のために開発された新幹線車両です。
 
右:C57形式蒸気機関車19号機
昭和13年(1938年)に製造され、昭和47年(1972年)まで羽越本線などを走行した蒸気機関車です。

実車資料の輸送記録

200系新幹線車両の輸送

SL「C57-19」の輸送

問い合わせ

新潟市新津鉄道資料館

〒956-0816 新潟市秋葉区新津東町2丁目5番6号(新津地域学園内)
電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808 電子メールアドレス:railwaymuseum@city.niigata.lg.jp

関連リンク

新津鉄道資料館 施設案内

新津鉄道資料館 常設展示案内

新津鉄道資料館からのお知らせ

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

花と緑に囲まれた 笑顔咲きそろう にぎわいのあるまち 秋葉区

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009 新潟市秋葉区役所 電話 0250-23-1000(代表)
Copyright(C) Akiha Ward, Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る